アサガオ

育て方に関する用語

あんどん仕立てとアサガオの育て方

あんどん仕立てとは、アサガオをあんどんのような形に仕立てる栽培方法です。あんどん仕立てにすることで、アサガオを株立ちさせ、多くの花を咲かせることができます。あんどん仕立ては、アサガオの栽培初心者にもおすすめです。 あんどん仕立てを作るには、まず、アサガオの苗をポットに植え付けます。苗を植え付けたら、支柱を立てて、苗を支えます。支柱は、アサガオの成長に合わせて、高さを調整していきます。 アサガオが成長したら、誘引して、あんどんのような形に仕上げます。誘引は、アサガオのつるを支柱に巻き付けていきます。つるを巻き付ける際には、アサガオのつるを傷つけないように注意します。 あんどん仕立てが完成したら、水やりと肥料を与えます。水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えます。肥料は、2週間に1回程度、緩効性化成肥料を与えます。 アサガオは、日当たりの良い場所で栽培します。アサガオは、肥料と水やりをしっかりと与えることで、多くの花を咲かせることができます。
植物の種類に関する用語

園芸用語の『陽性植物』とは?その特徴と育て方

陽性植物とは、日当たりのよい場所を好む植物のことです。一般に、葉が厚く、乾きやすい環境に強いという特徴があります。また、花を咲かせるために多くの日光を必要とします。 陽性植物の代表例としては、ひまわり、マリーゴールド、ペチュニア、サルビアなどがあります。これらの植物は、日当たりのよい場所であれば、水やりを頻繁に行う必要はなく、育てやすいのが特徴です。 陽性植物を育てる際には、日当たりのよい場所を選ぶことが大切です。また、水やりは、土が乾いたらたっぷり与えるようにしましょう。肥料は、春と秋に緩効性肥料を与えるとよいでしょう。
育て方に関する用語

園芸の用語『短日栽培』と知っておくべきこと

園芸の用語「短日栽培」は、植物の成長を制御するために、日照時間を短くすることによって行われる栽培方法のことです。通常、植物は日照時間が長くなると成長しますが、短日栽培では日照時間を短くすることで、植物の成長を抑制します。これにより、植物の背丈を低くしたり、花を咲かせやすくしたりすることができます。 短日栽培は、さまざまな植物に応用されています。例えば、菊やポインセチアは、短日栽培によって花を咲かせることができます。また、ナスやトマトなどの野菜も、短日栽培によって果実の生産量を増やすことができます。 短日栽培を行うには、日照時間を短くする必要があります。これは、遮光ネットやビニールシートで植物を覆ったり、植物を建物の中に置いたりすることによって行うことができます。また、植物の周りに光を遮るような障害物を置くことによっても、日照時間を短くすることができます。
植物の種類に関する用語

短日植物について知ろう

短日植物とは? 短日植物とは、日照時間が短くなる秋や冬に花を咲かせる植物のことです。一般的に、日照時間が12時間以下になると花芽分化が起こり、花が咲きます。短日植物には、菊、コスモス、リンドウなどがあります。これらの植物は、日照時間が長くなる夏には花を咲かせません。 短日植物は、日照時間が短くなることを感知して花芽分化を起こします。日照時間が短くなると、植物体内では「フィトクロム」という物質が変化します。フィトクロムは、赤色光と遠赤色光に反応する色素です。赤色光が当たるとフィトクロムは「活性型」に変化し、遠赤色光が当たると「不活性型」に変化します。日照時間が短くなると、赤色光の量が減り、遠赤色光の量が多くなります。すると、フィトクロムが「不活性型」に変化し、花芽分化が起こります。 短日植物は、日照時間が短くなることで花を咲かせます。これは、短日植物が日照時間の変化に適応した結果と考えられています。短日植物は、日照時間が短くなる秋や冬に花を咲かせることで、種子散布を成功させています。
植栽に関する用語

園芸用語「行灯仕立て」とは?その方法と魅力を紹介

行灯仕立てとは、盆栽や庭園の樹木を半円形または円形に仕立て上げる技法です。幹や枝を曲げたり、切ったりして、上から見ると丸い形になるように整形します。行灯仕立ては、樹木の自然な美しさを引き出し、空間を優雅に演出する効果があります。 行灯仕立ての魅力は、なんといってもその独特なフォルムにあります。丸みのあるシルエットは、見る人に安らぎと癒しを与えてくれます。また、行灯仕立ては、他の樹木との調和をとりやすく、庭園や盆栽を美しくまとめることができます。さらに、行灯仕立ては、樹木の成長をコントロールしやすく、樹木を健康に保つことができます。
植物の種類に関する用語

園芸用語『一日花』

一日花とは、文字通り、開花してから1日の間にしぼんでしまう花のことをいいます。 1年草の一日花は、春に種をまくと夏に開花して秋に枯れます。 多年草の一日花は、春または秋に種をまくと、翌年の春または秋に開花して枯れます。 一日花は、その美しさと儚さを愛され、観賞用として栽培されることが多くあります。 一日花には、朝顔、昼顔、夕顔、コスモス、サルビア、マリーゴールド、ベゴニア、ゼラニウム、ペチュニアなどがあります。 一日花は、切り花としてはあまり利用されません。 これは、一日花がすぐにしぼんでしまうためです。 しかし、一日花は、庭やベランダを彩るのに最適な花です。 一日花は、丈夫で育てやすい花が多いので、初心者でも簡単に栽培することができます。
植物の種類に関する用語

蒴果とは?アサガオやホウセンカに見られる果実の構造を解説

蒴果とは、果実が成熟すると、自然に果皮が裂開して中の種子が散布される果実のことです。一般的に、乾いた状態の果実であり、液果のような果肉はありません。蒴果はさまざまな植物に見られますが、アサガオやホウセンカに見られる果実は蒴果の典型的な例です。 アサガオの果実は、球形または楕円形の蒴果しており、中に小さな種子がたくさん入っています。果実が成熟すると、果皮が裂開して種子が散布されます。ホウセンカの果実は、細長い蒴果で、中に黒い種子がたくさん入っています。果実が成熟すると、果皮が裂開して種子が散布されます。 蒴果は、種子の散布を効率的に行うことができる果実です。蒴果が裂開することで、種子は遠くまで散布され、新しい場所で発芽することができます。蒴果は、多くの植物の繁殖に重要な役割を果たしている果実です。