うどんこ病

病気に関する用語

ウドンコ病の症状と防除方法

ウドンコ病の症状 ウドンコ病は、植物の表面に白い粉状のカビが発生する病気です。カビは、植物の葉、茎、果実などに発生します。ウドンコ病に感染すると、植物は光合成が阻害され、生育が衰えます。また、ウドンコ病は、葉が枯れたり、果実が腐ったりするなどの症状も引き起こします。 ウドンコ病の主な症状は、葉の表面に白い粉状のカビが発生することです。カビは、最初は小さな点状ですが、徐々に広がっていきます。また、ウドンコ病に感染すると、葉が枯れたり、果実が腐ったりするなどの症状も引き起こします。ウドンコ病は、どのような植物にも感染する可能性がある病気ですが、特に、キュウリ、ナス、トマト、イチゴなどの野菜や果物に発生しやすいです。
病気に関する用語

うどんこ病とは?原因と対策を解説

うどんこ病とは、うどんこ菌による植物の病気です。世界中の多くの植物に感染し、日本国内でも広く分布しています。うどんこ病の症状は、葉や茎に白い粉状のかびが生えることです。 かびは次第に広がって、葉が枯れたり、実がつかなくなったりすることがあります。うどんこ病は、高温多湿を好みます。夏場や梅雨時期に発生しやすく、特に、日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所での被害が大きくなります。 うどんこ病の原因は、うどんこ菌です。うどんこ菌は、空気中や土壌中に存在しており、植物の気孔から侵入します。 うどんこ菌が侵入すると、植物の組織内で菌糸を伸ばし、胞子を作ります。胞子は風や水で他の植物に運ばれ、新しいうどんこ病を発生させます。