コウジ酸の美白化粧品のおすすめ!効果・副作用について

コウジ酸の美白化粧品のおすすめ!効果・副作用について

美白に関しての効果→酵素チロシナーゼの働きを抑制

1988年、厚生労働省により医薬部外品の美白成分としての認可を受けました。

医療において、皮膚科で、ハイドロキノンを使用できない場合などにコウジ酸が処方されることがあったり、漢方としても扱われてきた歴史があります。

なんと、コウジ酸の研究は100年以上も前の時代からです。

コウジ酸は、みそやしょうゆに含まれる麹菌由来の成分で、お酒を造っている職人・杜氏(とうじ)の手が白く美しい点が注目されたことがきっかけです。

古くから研究、使用され、今もなお美容のプロたちに根強い人気を誇る美白成分です。

 

コウジ酸とは

コウジ酸は、メラニン合成に関わる酵素チロシナーゼに働きかけ、酵素チロシナーゼが働くために必要な銅イオンを取り去ります。

すると酵素チロシナーゼはメラニンの合成を促すことがなくなり、シミの原因を抑えられるのです。

またコウジ酸の分子構造は細かいため、塗布することで肌にぐんぐん吸収されていきます。メラニンを作るメラノサイトまで成分が届き、より強い美白効果を期待できるのです。

この美白の効果についておもしろい実験結果があります。

酵素チロシナーゼを多く含んでいるマッシュルームにチロシンを振りかけます。

するとチロシンとチロシナーゼが反応を起こしてメラニンが発生し、マッシュルームは黒くなります。

しかし、あらかじめマッシュルームにコウジ酸を塗布しておいた場合、チロシンを振りかけても反応がブロックされてメラニンは作られず、マッシュルームは白いままだそう!

 

さらに、コウジ酸の効果は、美白だけではありません。

今人気の甘酒。

麹甘酒に含まれるコウジ酸が、美白を促すだけでなく、免疫力アップや便秘解消、疲労回復といった効果ももたらすのです。

さらには、シワやニキビなど、幅広い肌トラブルへの効果が期待できるのが大きな魅力です。

 

敏感肌にもおすすめ

また、コウジ酸は敏感肌にもおすすめ

敏感肌の方は、化学成分配合の化粧品でダメージを受けてしまうことも少なくありません。

そこで、コウジ酸を利用して美白化粧品を手作りすることも可能です。

コウジ酸の副作用

コウジ酸の副作用について
厚生労働省から医薬部外品の成分として認可を受けていますが、その後の動物実験で、分解されずに肝臓まで届くことでガンを引き起こす可能性があることが判明し、コウジ酸を含む化粧品の販売が控えられた時期がありました。

しかし2005年に、このような問題はないことが確認されたので、現在、コウジ酸には注意すべき副作用はないとの認識です。
 

コウジ酸のおすすめ美白化粧品

コウジ酸は、保水力の高いヒアルロン酸との相性が抜群!

ヒアルロン酸とコウジ酸を同時配合する美白化粧品なら、美白に欠かせない保湿もバッチリです。