カモミラET(カミツレエキス)の効果・副作用・おすすめ美白化粧品

カモミラET(カミツレエキス)の効果

美白に関しての効果 → メラニン生成指令阻止

その他の美容効果 → 抗炎症

 

カモミラET(カミツレエキス)は、ハーブのカモミールに含まれる成分。

化粧品メーカーの『花王』が、植物のカモミール(カミツレ)から開発した人工成分です。

開発元である花王やそのグループ企業の商品で使用される際には「カモミラET」と表記され、花王以外の企業商品であれば「カミツレエキス」といった名称で表記されます。

 

カモミラETは、紫外線を浴びた際にメラニンを作るように指令を出す物質・エンドセリンの働きを阻害します。

これにより、メラニンを作れという指令そのものがなかったことになり、シミの元が生成されるのを防いでくれるのです。

また、カモミラETには、メラニン生成の指令阻止し、シミを予防するだけでなく、出来てしまったシミの改善効果も期待できるのです!

カモミラETには、肌のターンオーバーを促す作用もあるため、メラニンが古い角質とともに剥がれ落ちていき、くすみが減り、白く美しい肌へのサポートになります。

 

そしてカミツレエキスは、カモミールの花、茎、葉などを混ぜたものから抽出する有効成分。

これをさらに分解していくと、カマズレン、アズレン、フラボノイド、ビサボロールなどの成分から構成されます。

それぞれの成分に認められた効果があります。

カマズレン、アズレン、ビサボロール・・・抗炎症作用
ビサボロール・・・抗炎症作用、抗刺激・抗菌作用
フラボノイド・・・抗酸化作用

よって、これらを含むカミツレエキスにも、抗炎症作用、抗酸化・抗刺激・抗菌の作用の働きがあります。

さらには保湿、血行促進といった効果、そして美白効果が期待できるのです。

そのため、アトピーなどのアレルギー性皮膚炎によい効果を及ぼし、保湿作用が肌のバリア機能を高め、血行促進作用が毛穴の引き締め、痒みや日焼け予防など、美肌に大いに役立ちます。

 

カモミラET(カミツレエキス)の副作用

※注意点
キク科の植物なので、菊にアレルギーがある方は使用に注意です