アルブチンの効果・副作用・おすすめ美白化粧品

アルブチンの効果・副作用・おすすめ美白化粧品

美白における効果 → 酵素チロシナーゼの働きを抑制

 

1989年に厚生労働省が美白成分として承認されました。
もともとはこけ桃から抽出された成分で、その他、リンゴンベリー、サンタベリー、ウワウルシ、梨などにも含まれています。

 

美白効果が高く皮膚科で医療用として使われていた美白成分ハイドロキノンに、ブドウ糖を結合したものなので、お肌への刺激が少なくなったのが特長。
このようにハイドロキノンを参考に、日常遣いができるようにお肌へ優しい美白成分として開発されたという経緯から、「ハイドロキノン誘導体」といわれることもあります。

>>>ハイドロキノンの効果について

 

アルブチンには、2種類αアルブチン、βアルブチンがあります。
・αアルブチン・・・ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたもの。
肌との相性がいいとされます。
βアルブチンと比べると、およそ10倍もの美白効果が高い研究結果が出ています。

・βアルブチン・・・ウルワウルシなどツツジ科のハーブに含まれている天然植物の抽出物。

 

アルブチンはそもそも、ハイドロキノンのような副作用が心配がないように開発された美白成分です。
ハイドロキノンに劣るとはいえ、一定の効果がありながら、皮膚にかかる負担は少ないというアルブチンの安全性が確認されているのが強みです。
その安全性の高さからアルブチンの配合に関する規制はありません。
医薬部外品以外の化粧品にも配合されています。

もちろん、原液に近いものを塗布するようなことは危険ですが、一般的に販売される化粧品に含まれているものではリスクはなく、安心して使うことができます。

 

※留意点
お肌のターンオーバーを整える成分が配合された化粧品と組み合わせると、より透明感のあるお肌に近づきます。
そのため、ビタミンCと組み合わせて配合されている化粧品が多いです。

 

アルブチン配合の美白化粧品は・・・
・サエル

・アンプルール

・ビーグレン

・アスタリフトホワイト

・オルビスユーホワイト