透明感のあるモテ肌におすすめ無添加美白化粧品!




皆さんが気になっている『無添加』。

健康志向も高い世の中、『添加物≒体に悪いもの』というイメージが先行し、『無添加≒添加物の配合が無い』ことから、「無添加化粧品はお肌にやさしそう」だと感じ、選ばれている方も多いみたいです。

 

でも実は、無添加化粧品もお肌に刺激がある可能性があったり・・・

無添加化粧品にも、添加物が配合されているんです・・・

・無添加化粧品の定義とは
・無添化粧品をおすすめするわけ メリット&デメリット
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめポイント
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめ『自分にとって』の無添加化粧品の基準をつくること!
<特にお肌への刺激の強い成分>
・化粧品の全成分表示のルール




無添加化粧品のすすめ

無添加化粧品には、決められた定義や基準が無く、さまざまな無添加化粧品が存在します。

しかし、決められた定義や基準がないことは、『怖い』ことではなく、各メーカーが、「刺激となる、または刺激にならないであろう可能性」や、添加物の中でも「必要・不必要なもの」をきちんと見極めているはずです。

つまり、よりよいものを各化粧品メーカーが研究開発しているという、大きなメリットととらえてもいいかもしれません。

 

無添加化粧品のメリット&デメリットまとめ

<無添加化粧品のメリット>

  • 刺激となりやすい添加物を配合していないため、肌に優しいものがほとんどである
  • 化学成分(添加物)が使われていない
  • 合成香料にはない、天然の香りのリラックス効果がある
  • 余計な添加物を使わないことで、肌本来の力や美しさを引き出せる

 

<無添加化粧品のデメリット>

  • 添加物が使われていることがある
  • 無添加といって、肌荒れしないわけではない
  • 効果を実感するのに時間がかかる場合が多い
  • 防腐剤が使用していない場合、使用期限が短い傾向がある
  • 防腐剤・殺菌剤などが使用しない場合、雑菌を混入させないように、容器の口に触れないように注意する



無添加化粧品を使用する際の注意点

無添加化粧品のデメリットの部分を、よくよく理解したうえで、使い方に気を付けたいポイントです。

使用する前には、パッチテスト

・使用する前には、パッチテストを行うのは、他の商品と同様です。

無添加といっても、添加物が使われていることもあり、また無添加だからといって肌荒れを起こさないわけではありません。

特に、お肌が敏感に反応しやすい時期や、化粧品で肌荒れしやすい方は、「無添加」といって気を抜かず、腕の内側などの目立たない部分でパッチテストを行ってくださいね。

 

保管場所

・無添加化粧品に、防腐剤・殺菌剤を使用していない場合、保管するときには、高温多湿や温度変化の激しい場所・直射日光が当たる場所を避けましょう。

無添加化粧品に配合されている成分の変質やカビの発生を防ぐことの手助けになります。

 

蓋はしっかり占める

また、無添加化粧品をフタをしないまま放置したり、ただフタをかぶせるだけでしっかりと閉めないということはありませんか?

フタが空いた状態だと、無添加化粧品が空気に触れやすくなり、酸化防止剤が無添加の場合、成分が酸化し、変質してしまうことがあります。

 

無添加化粧品おすすめのスキンケア!

無添加にこだわる化粧品は、とても多く、どの添加物を配合しないかもさまざま。それぞれの特徴があります。

透明感ある肌に期待できる無添加化粧品でも美白に特化したものありますし、美白化粧品の中にも無添加のものがあります!

その中でもおすすめするアイテムは・・・

『ファンケル』『HANA』『エトヴォス』のシリーズと、クレンジングジェル『kikimate』です。

 

クレンジング(メイク落とし)・洗顔の種類や洗浄力

スキンケアの基本といってもいいのが、クレンジング(メイク落とし)・洗顔です。

お肌の表面は、排気ガスやほこりなど空気中の汚れ、汗、皮脂、古い角質、メイクアップ化粧品、などが混ざり合っている状態。

このままにしておくと雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化することで、過酸化脂質が作られて、お肌への刺激物質に変化することがあります。

お肌を清潔にするためのクレンジング(メイク落とし)、洗顔です。

 

クレンジング(メイク落とし)は、汚れを油になじませて乳化させて落とします。

落としてもまだクレンジング剤や汚れがお肌に残っているような場合は、洗顔料の界面活性剤で、包み込んで落とします。

 

ウォータープルーフタイプのようにお肌への密着性が強い油は、洗顔ではとりにくく、油を溶かし出す力があるクレンジングオイルや専用リムーバーで落とす必要があります。

 

逆に、薄いメイクのナチュラル系は、クレンジングしないでいいかというと、それも間違い。

ナチュラルメイクであっても、ファンデーションやアイシャドウなど、薄くつけても、主に粉と油でできた製品を付けたことには変わりありません。

ナチュラルメイクであっても、時間が経つとメイクしたままのお肌は、空気中の汚れや肌の皮脂を吸着して酸化します。

それが、シミやくすみの原因になったり、と透明感あるモテ肌を遠ざけてしまうことに、、、



透明感あるモテ肌に近づくためのクレンジングのポイント

さらに、透明感あるモテ肌に近づくための、クレンジングのポイントをあげると・・・

・クレンジング剤は、ケチケチ使わない!

もちろん規定量ですが、お肌の上でスルスルと抵抗なく滑るくらいたっぷり使いましょう!

クレンジング剤の量が足りず、肌の上のすべりが悪く、ゴシゴシこすることになると、摩擦が生じ、肌荒れのもとになったり、シミや色素沈着の原因にもなります。

 

・ふき取るときも、ゴシゴシこすらず、タオルで押さえるようにして、水気を吸い込む!

これも、ゴシゴシこすることで、摩擦がお肌への刺激になります!

シミや色素沈着のない透明感あるモテ肌になるためには、美白化粧品だけでなく、スキンケアのひとつひとつの手技も大事なんですね!!



無添加化粧品は界面活性剤フリー??

無添加化粧品には、添加物として界面活性剤を配合していないものもあります。

界面活性剤の働きには、汚れを落としやすくすることがあります。

界面活性剤は油分と水分をなじみやすくする性質があるので、メイクや皮脂汚れ、残ったクレンジング剤などの油分を水となじませて、洗いやすくするのです。

しかし、界面活性剤の水と油をくっつける性質によって、皮脂とくっつき、皮膚の中に浸透し刺激物となることもあり、敏感肌の人に嫌われる点もあります。

また、界面活性剤の洗浄力によって、表面を保護している皮脂膜も同時に洗い流され、お肌のうるおいを保つうえで重要な役割を果たすNMF(天然保湿因子)なども流れ出てしまう可能性もあります。

 

クレンジングは、タイプによって界面活性剤の配合量や洗浄力が異なるので、自分のメイクの濃さに応じて、無添加なのか、界面活性剤の配合量はどうなのか、クレンジングタイプはどうか、製品を使い分けれたらいいですね!

  • オイル状(クレンジングオイル)
  • …クレンジング力強

    界面活性剤の配合量が多い。

    主成分の油性成分に界面活性剤を溶解していて、洗い流す時に乳化させます。

  • (油系)ジェル(クレンジングジェル)
  • …クレンジング力 普通~強

    界面活性剤の配合量が多い

  • (水系)ジェル(クレンジングジェル)
  • …クレンジング力 弱

    使用後の感触はサッパリしている

    油性成分が少ないので、界面活性剤を多く配合している

  • クリーム・ペースト状(クレンジングクリーム)
  • …クレンジング力 普通

    手に取った段階では、油が水に包まれた状態(O/W型)で、お肌になじませると、メイクや皮脂と混ざり、油が表面に浮き出てきて、水が油に包まれた状態(W/O型)に変わるものが多いです。

  • 乳液状(クレンジングミルク)
  • …クレンジング力 弱

    クレンジングクリームより水溶性成分が多く、使用後の感触がさっぱりしている

  • 液状または不織布含浸タイプ(クレンジングローション、クレンジングシート)
  • …クレンジング力 弱 + 摩擦力

    ふき取りタイプのクレンジング。ふき取る摩擦力が加わることで、クレンジング力が高まることがあります。

    しかし、摩擦によるお肌へのダメージに注意。

    主に、非イオン性界面活性剤、アルコール、保湿剤の配合が多いです。



※水系ジェルと油系ジェルの見分け方

オイルフリー表示あり→『オイルフリー水系ジェルタイプ』

オイルフリー表示なし→成分表示の一番上が「水」か「界面活性剤」→『オイルフリー水系ジェルタイプ』『オイルイン水系ジェルタイプ』

オイルフリー表示なし→成分表示の一番上が「油分」→『油系ジェルタイプ』



おすすめ無添加化粧品~クレンジングジェル~

無添加化粧品のクレンジングジェル『kikimate』は、おすすめです。

なにより、わたしの愛用しているクレンジングジェルなんです。



無添加化粧品を探している人、さらには敏感肌・乾燥肌でお肌に合うクレンジングを探している人に、ぜひ使ってもらいたい!

クレンジングジェル『kikimate』は、無添加100%の表記です!!

界面活性剤の配合はなく、洗浄料として『ソープナッツエキス』を使用しています。

成分表示には、「サピンヅストリホリアツス果実エキス」と記載されています。

このソープナッツエキスは、アトピー肌や赤ちゃん肌にも使える天然の洗浄力として有名なんだそう。

さっぱりとした洗浄力があるにもかかわらず、保水力も高いので、潤いを逃さず洗い上げることができます。

ソープナッツエキスとラウレス硫酸Na(界面活性剤)を比較すると、ソープナッツエキスの方が潤いがキープ!!

 

クレンジングジェル『kikimate』の無添加がどのレベルかというと、配合されていないのは、界面活性剤だけではなく、合成着色料、鉱物油、ケミカル、シリコンがフリーということ!

結構レベルは高いのではないでしょうか!

(全成分は、最後に記載しています。確認してください)

 

そして、ケミカルフリーに代わって、天然由来成分が95%も配合!!

お肌に柔軟性や潤いを与える、吸湿性がある・・・ハチミツ

キメの整ったみずみずしいお肌に整える、お肌の水分保持機能を高める・・・コメ発酵液

お肌の弾力改善、キメを整える、毛穴の黒ずみを改善する・・・プラセンタ

お肌のざらつきゴワつき、くすみを一掃する・・・マルチフルーツエキス

そして、わたしが気に入っているのは、なによりお肌のなじみがとてもいい!!

使用している天然のグレードシードゲルは、独特の粘性のある感触のもの。これを使用して水溶性ジェルタイプにしているのでとてもよくお肌の上ですべります。

お肌にのせてクルクルっとするだけ、スッキリ落ちます。

しかも、ダブル洗顔が要らないという楽さ!!

そして、汚れがスッキリ落ちた割には、しっとりと洗い上がっていること!

 

天然の洗浄料は、洗浄力としては、どうなんだろう・・・と不安に思うこともあったのですが、洗い残しも気にならないし、保湿力がすばらしい!

洗い過ぎによる肌荒れ、乾燥、つっぱり、ヒリヒリ、かゆみ、などお肌のトラブルは起こっていないので、きちんと汚れだけを落としてるんだなと実感しています。

 

さらに、クレンジングジェルkikimateのおすすめポイントは、濡れた手でも使える!

これはポイント高いです!

あと、マツエクでも使えて、シトラスの香りがいい!



まとめ

無添加化粧品を使いたい、クレンジングも無添加にしたい方、敏感肌・乾燥肌の方、無添加どうこうよりお肌に合うものを探している方、ぜひクレンジングジェル『kikimate』使ってみてください。

界面活性剤をはじめ、添加物フリーにこだわり、お肌への刺激を抑えていて、お肌なじみいい点も肌への刺激が低くなっています。

しかしながら、ちゃんと洗浄力があり、しかも潤いを逃がさない!

透明感あるモテ肌を目指すために、まずスキンケアの基本であるクレンジングを見直してみるのもいいかも!!