ビタミンC誘導体(アスコルビン酸~)の効果・副作用・おすすめ美白化粧品







ビタミンC誘導体(アスコルビン酸~)の効果

美白に関しての効果 → メラニン生成抑制・還元、酵素チロシナーゼの働きを抑制

他の美容効果 → 抗酸化作用、肌のターンオーバーを整える作用、皮脂分泌のコントロール作用、肌をなめらかにする作用、コラーゲン生成への働きかけ(小さい分子のもの)

 

ビタミンC誘導体(アスコルビン酸~)とは

ビタミンCは、成分自体がもろく、こわれやすく不安定。
そのため、人工的に改良し安定させた成分です。
ビタミンC誘導体は、吸収しやすい形となって皮膚への浸透力を高めるだけなく、皮膚内に浸透してから、ビタミンCに変化する特徴があります。

 

ビタミンC誘導体は、水溶性、脂溶性、脂溶性と水溶性をあわせもつ3タイプにわかれます。

・水溶性・・・皮膚に吸収されやすい。化粧水や美容液に配合される
(表示名称)アスコルビン酸グルコシド、リン酸アスコルビルMg、アスコルビルリン酸Na、アスコルビルエチル、アスコルビン酸硫酸2Na、グリセリルアスコルビン酸(医薬部外品不可)

 

・脂溶性・・・本来水溶性であるビタミンCに油を結合させたもの。主にクリームに配合される。
(表示名称)テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ジパルミチン酸アスコルビル

 

・脂溶性+水溶性・・・さらに浸透力が高くなったもの。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPSアプレシエ)
進化型ビタミンC誘導体。



ビタミンC誘導体(アスコルビン酸~)の副作用

※注意点
ビタミンCは、皮脂分泌のコントロールに働きかける作用があり、そのためもともと乾燥ぎみの肌の人は、皮脂量が減ることで、さらにお肌が乾燥しダメージを受けやすくなってしまうこともあります。
保湿成分を補いながら使うことをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

Mika@保健師ママ

恐竜好きな3歳男児のママ / 身長160cm / 足24cm / 53.3kgからのアラサー万年ダイエッター / O型ズボラさみしがり / 小中高バレー部 / ミスチルLOVE / アメトーク録画派 / 田舎で山・海・自然を満喫中 / 食べるの大好き!