デリケートゾーンにおい対策『インナーブラン』!妊活ストレスも軽減?!デリケートゾーンのにおい対策で、夫の意欲が変わる?!『インナーブラン』使ってみました!

デリケートゾーンにおい対策『インナーブラン』!妊活ストレスも軽減?!

妊活中、毎月のあのタイミング。

子供が欲しいはずなのに、最近は、つらい、疲れた、妊活のストレスでいっぱいのわたし。

焦ってばかりで。

なんで、夫にも同じように意欲的になってほしい。

でも、夫にその気にさせていない原因がわたしの【デリケートゾーンのにおい】だったら・・・

デリケートゾーンのにおい対策ミスト『インナーブラン』で、妊活ストレスも減るかもしれません!

インナーブランはデリケートゾーンにおい対策No.1

男性の本音を探ると、【デリケートゾーンのにおい】は、ワキガや口臭以上に、一番気になるにおいのよう。

しかも、デリケートゾーンのにおいで気持ちが冷めてしまうことを、女性側に伝えることはないのだそう。

女性も、自らのにおいを気になる瞬間ってありますよね。

「しゃがんだ時にモワッとにおう・・・」

「ショーツを下ろしたときに、ぷーんとくる・・・」

「鼻を突きさすようなにおい・・・」

デリケートゾーンは自分の鼻とは遠い場所なので、もしかしたら、自分が気づいていない時も、におっている・・・なんてこともあるのかもしれません。

しかし、『インナーブラン』でデリケートゾーンのにおい対策を、日常的にしていれば、その心配もなし!!

ソープのように泡立てることもなく、クリームのように手を汚すこともなく、【シュッとひとふき】すれば、お手入れ完了!!

『インナーブラン』はデリケートゾーンにおい対策の【No.1】に選ばれています!



におい対策にはデリケートゾーン専用ミスト『インナーブラン』

『インナーブラン』は、デリケートゾーン専用ミスト。

まるっと1日、99%の消臭効果がずーーっと続く、デリケートゾーンのにおい対策商品です。

デリケートゾーンのにおいの原因

・垢で雑菌の繁殖
・アポクリン汗腺の密集

(アポクリン汗腺は、ワキのにおいの発生源とおなじ)

・洗い過ぎ

洗い過ぎによって、善玉菌をも洗い流し、悪玉菌が増殖

・摩擦ダメージ

摩擦ダメージによるバリア機能の低下で、雑菌が繁殖

におい対策は、清潔 + 日常ケア

デリケートゾーンを清潔に保つのは、におい対策として当たりまえ。

しかし、日本人は、デリケートゾーンの清潔に疎いともいわれています。

その理由のひとつが、日本のお風呂文化。

日本では、デリケートゾーンのお手入れが流行り出したのは、ここ最近ですが、実は欧米では、デリケートゾーン専用の石けんやお手入れ商品は、昔から主流なもの。

その背景に考えらるのは、日本人はお風呂に長く浸かる文化があるため、デリケートゾーンもすべてキレイになっているという感覚があるからだろうといわれます。

しかし、わたしたちも、シャワーで簡単に済ませることも多いですよね。

そうなると、デリケートゾーンも専用のお手入れが必要だったんです。

まずは、体を洗うときには、意識してデリケートゾーンも石けん洗浄すること!

さらに、デリケートゾーンは、ムレやすく、お手洗いの度に汚れる部分。

洗う以外に、【日常的なお手入れ】をするとにおい対策に効果的です!!

それが、『インナーブラン』。

デリケートゾーン専用のミストなので、【いつでも】、思い出したときに、【シュッとひとふき】するだけ!

『インナーブラン』の消臭効果のヒミツ!使い方もかんたん!!

『インナーブラン』のすごさは、まるっと1日消臭効果がずーーっと続くこと!

その消臭効果には3つのヒミツがあります。

『インナーブラン』3つのヒミツ

ヒミツ① 消臭殺菌成分IPMPイソプロピルメチルフェノール

消臭効果が実証されている有効成分です。

体臭の主な原因となる【イソ吉草酸、アンモニア、酢酸】などの悪臭成分に対して、99%~89%もの消臭率!!

雑菌の数を減らし、さらにその状態をキープ。

24時間、消臭効果が持続することを実証されています。

殺菌力が強いと、その分、かぶれたり、かゆみがでたり刺激が強いのでは・・・と心配ですよね。

イソプロピルメチルフェノールは、低刺激で安全性の高い化合物として使われています。

刺激性がほとんどないので、皮膚アレルギーの報告もないよう。

実際に、病院でも、注射など消毒をするときに、アルコールでかぶれる人に、イソプロピルメチルフェノールが使われていますよ。

ヒミツ② 6種のジャムウ成分

ジャムウとは、1000年以上昔からインドネシアに伝わる民間伝承の植物成分。

デリケートゾーンにも使える優しさと、効果のパワーを考え、6種類の植物の実、皮、葉などを調合。

【イチョウエキス】荒れたお肌を整える

【カンゾウ抽出末】外的刺激からお肌を守る

【シラカバエキス】お肌をダメージから守る

【オウゴンエキス】においをケア

【チャエキス】においケア

【チャ乾留液】茶の木から抽出。においケア

ヒミツ③ 7つの無添加

デリケートゾーンのお肌が刺激されて、雑菌が繁殖してしまっては、意味がありません。

『インナーブラン』は、刺激となりうる添加物を排除!!

【紫外線吸収剤、酸化防止剤、サルフェート(硫酸鉛)、鉱物油、シリコン、合成着色料、パラベン】の7つを使っていません。

まだまだある『インナーブラン』のヒミツ

●有効成分イソプロピルメチルフェノールが配合された【医薬部外品】

●製薬会社と共同開発

●ポーチに収まるサイズ

●国内製造

●プライバシーを配慮し、商品名が一切わからない梱包

デリケートゾーンにおい対策『インナーブラン』の使い方

目安は、1日2回、朝と夜のお風呂上りに、3~4プッシュ!

ステップ① 10~15㎝ほど、離して『インナーブラン』をシュッ、シュッ、シュッ

ステップ② 乾くまで待って、デリケートゾーンのにおいのお手入れ終了!

>>>『インナーブラン』は、まるっと1日消臭効果がずーーっと続く

デリケートゾーンにおい対策ミスト 『インナーブラン』を使ってみました!



妊活中の代表として、『インナーブラン』を使ってみました!

自分では、気にしていなかったけど、もしかしたら、夫にかかる妊活のストレスってデリケートゾーンのにおいだったのかも・・・と思うと申し訳ない。

わたしは、どちらかというと、ワキのにおいが強いタイプ。

ワキには、1年中、制汗ケアをするようにしています。

デリケートゾーンに関しては、おりものが多いときや生理中、座りっぱなしでムレたな・・・と思うときは、ショーツを下ろした際に、モワッとにおうことがあります。

まずは『インナーブラン』をお風呂上りにシュッ!

においが気になる、デリケートゾーンとワキをシュッ!

『インナーブラン』は、1プッシュで結構な量が出ます。

目安量の3~4プッシュを近距離でしてしまい、流れ落ちてくるほどに。

乾くまでに結構時間がかかり、乾いていないまま服を着てしまいました。

【10㎝以上離して、シュッとする】のは、重要なポイントです!

 

翌朝、着替える時は、においなし!

試しに、朝無しで、過ごしてみました。

が、夜お風呂に入るときには、嫌なにおいなし!

 

次の日からは、流れちてくるのが嫌だったので、1プッシュのみに。

それをお風呂上りだけ。

これだけでも、約24時間後、デリケートゾーンとワキからは、モワッとにおうことは無かったです!!

 

なので、わたしのにおいの場合、『インナーブラン』は、1日1回、1プッシュでよさそう!!

 

 

そして、『インナーブラン』のお気に入りのポイントが、【ボトルを逆さにしても使えること】!

この配慮、いいですね!!

手も汚れず、時間もかからず、それでもちゃんとにおい対策の効果がある!『インナーブラン』よかったです!

 

これで妊活が、ストレスや苦痛じゃなくて、本来の愛ある時間になりますように!!



デリケートゾーンのにおい対策専用ミスト『インナーブラン』激安情報!!

デリケートゾーンのにおい対策専用ミスト『インナーブラン』を激安で購入できるのは・・・

公式サイトからの【定期コース】

通常価格9,800円が、毎月4,900円!!

送料・手数料は無料!

定期コースは、合わなかったときに、解約するのが不安ですよね。

『インナーブラン』は、【1回限り】で解約も可能!

次回発送予定日の7日前までに、フリーダイヤルからのお電話でかんたんにできます。

また、【90日間は全額返金保証】の期間となっていますから、安心してじっくり『インナーブラン』を使うことができます。

デリケートゾーンにおい対策の『インナーブラン』で、夫の意欲に変化があれば、妊活ストレスの軽減になりますね!!

>>>『インナーブラン』詳しくはこちらから