永遠の0は嘘八百?戦争賛美?宮崎駿や井筒和幸が痛烈に批判する理由

何事にも賛否両論いろんな意見がありますが、特に戦争映画というのはデリケートなテーマの一つですね。

私は断固として戦争反対ですが、過去に起きた戦争については肯定も否定もしません。

戦争映画については、正しいとか間違っているとかなく、史実(に基づく物語)を淡々と描いているものがいい作品だと思っています。

2013年12月に公開された映画「永遠の0」は、物語感は強いものの、普通にいい映画だと思いました。

しかし、「戦争や特攻を美化している」といった批判も多く、宮崎駿氏や井筒和幸氏などの著名人も痛烈に酷評。

「永遠の0」はどうしてこうも批判されるのか、その理由を探ってみました。


「永遠の0」のキャストとあらすじ

原作は百田尚樹氏(@hyakutanaoki)の同名小説。

「探偵!ナイトスクープ」のチーフ構成作家であり、2006年に「永遠の0」で小説家デビュー。

じわじわと販売部数を伸ばし、2012年10月には100万部を突破。映画が公開された2013年12月には300万部を突破する大ヒットとなりました。

満を持して映画化されたわけですが、主演の岡田准一さんを筆頭に、三浦春馬さん、井上真央さん、吹石一恵さんなど豪華キャストを起用。

映画も大ヒットとなり、2014年邦画興行収入第1位を記録しています。

「永遠の0」のキャスト

  • 宮部久蔵(岡田准一):航空隊の教官であったが、終戦間際に自ら特攻に志願する。
  • 大石賢一郎(夏八木勲):宮部の元教え子。戦後、宮部の妻と結婚する。
  • 大石松乃(井上真央):宮部の妻。戦後、大石賢一郎と再婚する。
  • 佐伯健太郎(三浦春馬):賢一郎の孫。松乃の葬儀で実の祖父の存在を知る。
  • 佐伯慶子(吹石一恵):健太郎の姉。健太郎とともに実の祖父の調査を始める。

「永遠の0」のあらすじ(ネタバレなし)

ある日、祖母の葬儀に参列した佐伯健太郎と姉の慶子は、祖父の賢一郎から実は血縁関係がないことを告白される。

血のつながりのある実の祖父は宮部久蔵という人で、太平洋戦争で特攻により戦死したという。

久蔵のことを調べ始めた健太郎と慶子は、元戦友から「久蔵はゼロ戦の凄腕パイロットであったが、生きることに強く執着する臆病者であった」と聞かされる。

「娘に会うまで絶対に死なない」と約束していた宮部が、なぜ自ら特攻に志願したのか。

戦後60年の時を経て、驚きの事実が明らかになる。


「永遠の0」は嘘八百?戦争賛美?宮崎駿氏も痛烈批判

永遠の0は、小説が300万部、映画は2014年邦画興行収入第1位と大ヒット。

第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞も受賞しています。

それだけ評価の高い作品なのですが、「戦争や特攻を美化している」とか「極右思想につながる」なんて批判も。

あの宮崎駿氏も、「嘘八百」と痛烈に批判しています。

「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずーっと!」
「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」

引用:https://biz-journal.jp/2013/09/post_2979.html

2013年8月19日に発売された映画雑誌「CUT」のインタビューで語ったそうですが、まあなんとも大人気ないというか、言葉遣いが幼稚ですよね。。。

さらに、あんまり興味はないかもしれませんが、井筒和幸氏もこのように批判しています。

「見たことを記憶から消したくなる映画」

引用:https://www.j-cast.com/2014/01/21194669.html

この人は何でも批判したがりますけど、この人の意見に同調する人っているんですかね。

私はこういう批判したがりな人が大嫌いです。


「永遠の0」への批判に対する百田尚樹氏の反応

小説と映画の成功に反して、様々な著名人から批判を浴びた百田尚樹氏。

もちろんこのまま黙っているわけもなく、Twitterでこのようにコメントしています。

百田尚樹氏の方が一枚上手ですね。

宮崎駿氏はなぜ「永遠の0」を酷評したのか

井筒和幸氏はどうでもいいとして、宮崎駿氏はなぜ「永遠の0」を酷評したのでしょうか。

宮崎駿氏が受けていたインタビューは、「永遠の0」が公開される少し前、2013年7月に公開された「風立ちぬ」について語ったものでした。

「風立ちぬ」は、ゼロ戦の設計者である堀越二郎氏をモデルにした映画。

「永遠の0」はゼロ戦のパイロットが主人公ですから、ちょっと被るんですね。

で、「風立ちぬ」についてのインタビューなのに、なぜ宮崎駿氏がわざわざ「永遠の0」を批判したのか、ジャーナリストの山本宗補氏はこのような推測しています。

しかし、これに対して百田尚樹氏はTwitterで以下のように反論。

まあ真相はわかりませんが、結局のところ、宮崎駿氏は「永遠の0」の成功に嫉妬してたんじゃないでしょうか。

はっきり言って「風立ちぬ」は全然面白くなかったですし、それこそ「見たことを記憶から消したくなる映画」というか、そもそも記憶に残りませんでした。

宮崎駿氏は「風立ちぬ」を最後に長編映画監督からの引退を表明。

2017年に引退撤回して復帰したんですが、そろそろもういいんじゃないかなって思います。

「永遠の0」のドラマもおすすめ

「永遠の0」はテレビドラマでも放送されており、「Hulu(フールー)」で見ることができます。

向井理さんが主演の久蔵役で、桐谷健太さん、広末涼子さん、多部未華子さんなどドラマ版も豪華キャスト。

Hulu(フールー)は2週間無料でお試しできますので、ぜひこの機会に「永遠の0」をご覧ください。