井上真央が女性自身でパニック障害だったことを告白?そしてパニック障害で引退の危機??

井上真央が女性自身でパニック障害だったことを告白?そしてパニック障害で引退の危機??子役から活躍し、大河ドラマでも主演を務めるほどの大女優になった井上真央さんに何が起こっていたのか!起こっているのか?!


プロフィール

生年月日 1987年1月9日

出生地 神奈川県横浜市

身長 158cm

血液型 O型

活動期間 1992年 –

4歳の時、お母さんのすすめで劇団東俳に入る。

5歳から子役としてキャリアを開始。

デビュー作は「真夏の刑事」で、パトカーにはねられて死んでしまう子供の役。

1999年から2003年にかけて、昼ドラ「キッズ・ウォー」シリーズに出演。

2004年、大学進学に向け学業に専念するため芸能活動を一時休止。

2005年、芸能活動を再開。

同年、「花より男子」で連続ドラマ初主演。

2011年、連続テレビ小説「おひさま」でヒロインを演じる。

同年末、「第62回NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務める。

また同年公開の「八日目の蝉」で、第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。

2015年、「花燃ゆ」で大河ドラマ初主演。


井上真央 パニック障害?引退??

井上真央さん、5歳から子役として芸能界デビューしているだけに、トーク番組などにも慣れたようす、、、

年を重ね、上品なユーモアを交えた、落ち着いた雰囲気のトークを展開し、とてもいい印象を受ける。。。

 

そんな井上真央さん、2015年には大河ドラマ「花燃ゆ」の主演を務め、その撮影は、前年8月から撮影が始まり、1年2か月かけての長丁場のものだったそう、、、

その大河ドラマの主演の座を射止めた井上真央さん、パニック障害なのではないか、

そして、パニック障害で引退の危機ではないか、と女性自身で報じられているそう。。。


井上真央 パニック障害&引退の真相は?

きっかけは、2015年9月15日発売の女性週刊誌「女性自身」の井上真央さんのインタビュー。

そこで、自らパニック障害だった事実を告白したため。。。

 

パニック障害とは

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまい、といった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気。

この発作は、「パニック発作」といわれ、10分くらいから長くても1時間以内にはおさまる。

パニック発作を何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるように。

これは、「予期不安」といわれる。

予期不安は、逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになる。

これが、「広場恐怖(外出恐怖)」といわれる。

「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」は、パニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状。

この3つの症状は、悪循環となってパニック障害をさらに悪化させる。

井上真央のパニック障害

そして、井上真央さんが、パニック障害を発病したのは中学3年生のころだそう。。。

 

そのころ、昼のドラマ「キッズ・ウォー」に出演し、芸能活動をしながら、ふつうの15歳として中学校にも通うというハードな生活を送っていた。。。

さらに、高校進学のための受験も控えていたこともあり、パニック発作をときどき起こすようになったよう。。。

 

その当時は、撮影の合間にも薬を服用し、またパニック発作になるのではないかという予期不安と闘いながら、芸能活動と学業の両立をしていたそう。。。

 

パニック障害の克服

井上真央さんが、パニック障害を克服したのは、中学3年生当時、主治医から言われた一言、、、

「(井上真央さんに向かって)君は、いろんなものを若くして背負っている。自分で自分を責めちゃだめだよ」

「強いからこそいろんなものを背負ってしまう。そういう悩みを持っているのが正常なんだよ」

 

そう言われた井上真央さんは、ハッと納得し、自分を許すことができたため、その日からパタリをパニック発作が止まったらしい。。。

 

その後は、大人になってもパニック発作は一度も無いよう。。。

松本潤と井上真央がついに結婚!?プロ彼女からの昇格!

2018.08.24
 

 


まとめ

主演した大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率低迷には、責任を感じ、「いろいろな原因があると思いますけど、主演である以上、私の力不足としか言えない」と発言した井上真央さん。。。

その後、あまり活躍する様子が見られていないだけに、本当に引退?!ということが起こらないのか・・・

必要以上に責任を感じて、一人で背負い込まずに、女優として、凛として演じ続けてほしい。

これから、まだまだ活躍する井上真央さんを楽しみにしています♪