市川海老蔵の再婚までカウントダウン!?麻央からの遺言と元彼女と新恋人

市川海老蔵さんの再婚がカウントダウンが始まっているという・・・

人気歌舞伎役者として多忙の中でも、麻央さんの死後、二人の子供のためにも奮闘する海老蔵さん。

市川海老蔵の再婚には、2020年問題、そして愛する妻麻央さんからの遺言などが絡み、そして元彼女や新恋人が浮上しているのだとか・・・




海老蔵の再婚は2020に向けて本格化!?

市川海老蔵さん、麻央さんが2017年に亡くなってから、「ママ」として奮闘中!

しかし、2020年までには再婚!と騒がれているみたいです。
 

市川海老蔵さんの人気のブログでは、多忙を極める仕事の合間にも、ちゃんと2人の子供たちとの時間を確保する、パパ、そしてママとしての顔がちゃんとある!!

それを垣間見るだけで、わたしなんかは胸が熱くなります。
 

市川海老蔵さんといえば、以前は、夜遊びの常習者として有名だったし、歌舞伎界の人って女遊びも何もかも「芸事」って言っちゃう人たちでしょ。

いろんな噂が絶えない人だった。

でも、ちゃんと守るべきものがあれば、人って変わることができるんだなと感じます。

市川海老蔵が今も会っている隠し子(かくしご)、、、相手(母親)が知りたい、、、

2016.04.30
 

そして、話題になっているのが、市川海老蔵さんの再婚!

しかも2020年までに・・・

これは、もちろん子供のためにも、そして、歌舞伎界のためにも必要なことみたいです。

市川海老蔵の子供のための再婚

市川海老蔵さんの再婚、それは麗禾ちゃん、勸玄くんの新しいママを受け入れることにもなります。

今、海老蔵さん一家は、海老蔵さん自身がママとなって奮闘中!

多忙の中でも、公演の合間には自宅に戻り、子供たちに夕飯を食べさせたり、自宅のベランダでは、息子の勸玄くんと「かんかんガーデン」で家庭菜園もするほど!

仕事を持っている人なら、わかると思うけど、とってもすごいことですよね!!
 

そして、娘の麗禾ちゃんも、小学校に上がり、「ママ代わり」として燃えているみたい!

麻央さんが亡くなってからは、もちろん寂しかったよう。

しかも、パパの海老蔵さんは舞台出演を控える勸玄くんに付きっ切り。

パパを独占できる弟の勸玄くんがうらやましくてしょうがなかったみたいです。

女は歌舞伎の舞台を踏めないとわかっていて、ついには「妹がほしい」というまでに、かなり落ち込んでいたみたいですね・・・
 

でも、麻央さんの1周忌を終えて、麻央さんの誕生日プレゼントとして勸玄くんの舞台をプレゼントすることができて、気持ちが落ち着いたのか、頼りになるママ姉ちゃんに!

自宅で、勸玄くんがお稽古をしていると、「上手!」「もう1回やろうか」と率先して声をかけるみたい。

「お料理を早くできるようになりたい」とも意気込んでるそう♪

頼もしいですね!

 

市川海老蔵さんは、舞台数も多く、地方公演も多く行っていることもあり、そこをカバーするのは、おばあちゃんたち。

舞台関係は、海老蔵さんのお母さんがサポートし、子供の送り迎えは、麻央さんのお母さんがサポート!

でもね、これも限界があるでしょう。

やっぱり、子供にとったら、どんなにお世話してもらっても、おばあちゃん。

「ママの代わり」でしかないんですよね。

しかも、年をとる。それだけは避けられない。

「ママ」として、子供たちをもっとサポートできる再婚を海老蔵さんは望んでいるはずです。

市川海老蔵の歌舞伎界のための再婚

もうひとつ、海老蔵さんの再婚について切れない事情が、「梨園の妻の存在」。

歌舞伎役者とそれを支える妻は、表と裏の関係。

活躍する役者の裏では、それをしっかりサポート、根回しする妻の存在があるんだそうです。

市川海老蔵さんクラスになると、それこそ弟子や関係者もたくさん抱えるだけに、「おかみさん」は必要不可欠!
 

目指すは、2020年!

そう、東京オリンピックです。

この世界から注目され、日本が沸く中で、「十三代目・市川團十郎」を襲名することは、既定の事実だとされています。

 
ここに、市川海老蔵さん本人としても、歌舞伎界の中心に鎮座する成田屋としても「梨園の妻」の存在が必要!

だから、東京オリンピックの開催に向けて、市川海老蔵も、その周囲もソワソワと動いているそうなんです。


海老蔵の再婚について麻央の遺言には・・・

2017年6月に最愛の人、麻央さんと亡くした市川海老蔵さん。

ブログでは、元気な様子を見せる合間にも、時折、麻央さんを想いに浸るようすもみられます。
 

海老蔵さんのそばで、強くあった麻央さん。

病に伏せているときにも、海老蔵さんや周りへの気遣いは忘れていませんでした。

それは、将来の家族を想っても・・・
 

麻央さんの遺言に残されていた言葉、それは、姉、麻耶さん向けたものでした。

「お姉ちゃんは、お姉ちゃんの人生がある」
 

これは、当然といえば当然のこと。

でも、麻央さん麻耶さん姉妹には大きなことなんです。

一卵性姉妹とまでもいわれた、共依存しているかのようだった2人。

麻央さんの療養中、心身共に捧げ、子供たちの面倒を率先してみていたのが麻耶さんでした。

麻央さんは、自分の死後、残された子供たちのことを考えるあまり、麻耶さんが自分の人生を歩めないんじゃにないか・・・と。
 

その推測どおりというか、麻央さんの死後、すぐから、何かにつけて、海老蔵さんの再婚相手として麻耶さんが登場。

子供たちの世話をするために同じマンションに住んでいて、家族同然に暮らしていたから、報道陣としてはネタになるでしょうね。

海老蔵さんもこれには、心底うんざりしていたみたいですね。

 

きっと、麻央さんの遺言も後押ししてか、麻耶さんは2018年7月24日に4歳年下の男性と入籍しました!無事に。

小林麻耶さんは、市川海老蔵さんと同じマンションからも引っ越して、今、新婚ラブラブ期。

それは、海老蔵さんも理解を示し、子供たちのお世話からも麻耶さんはもう、1歩引いているみたいですね。




海老蔵の再婚相手には元彼女、新恋人が浮上?!

2020年まで、カウントダウンが始まっている今、市川海老蔵さんの再婚のカウントダウンも?

今、噂として再婚相手に浮上している人物は2人・・・

ひいき筋の社長令嬢が新恋人?

再婚となれば、歌舞伎界も、ひいき筋も黙ってはいられません。

市川海老蔵さんのひいき筋での社長令嬢があげられています。

海老蔵さんは京都でたびたび目撃されているのも、京都在住の社長令嬢に会うためだとささやかれているんです。
 

でもね、その方はまだ、若干20代。

市川海老蔵さんが1977年生まれだから、2020年には42歳に、麗禾ちゃんは9歳、勸玄くんは7歳になる年。

ステップアップファミリーを築くには、ちょっと負担が大きいか・・・とも心配されているみたいです。

元彼女から、再恋人になりあがり?

そして、再婚相手に浮上した驚きの人物が、女優の米倉涼子さん。

市川海老蔵さん、米倉涼子といえば、元彼女。

麻央さんと結婚する以前に付き合っていたことが報道されています。

しかも、市川海老蔵さんのほうがゾッコンだったみたいで。

 
米倉涼子も、一度結婚。そして、2016年には離婚。

お互いフリーの立場ではあります。
 

そして、米倉涼子さんの姿が、市川海老蔵さんが自宅以外に借りている都内渋谷区にあるマンションで、たびたび目撃されているっていうから、ざわついているんです!!

米倉涼子さんは離婚後、女優専念を宣言!

再婚には、かなり消極的といいます。

しかも、梨園の妻となれば、女優業を辞めざるを得ない。

そんな再婚をするとは思えない・・・


まとめ

モテ男、市川海老蔵だけに、再婚したいという相手は多くいるかもしれません。

しかし、歌舞伎界という特殊な世界。

しかも、いっきに子供2人を背負うママ。

再婚相手はかなりの覚悟がいりそうです。

市川海老蔵家が、幸せいっぱいな毎日を贈れますように・・・他人にはこれしか祈ることができません。