腸を喜ばすマストアイテムでシンプル腸活!

毎日、毎食、ご飯係をしている人~?

それはそれは毎回面倒なことですが、でも腸活にとってはとってもチャンス♪

それは、わたしたちの体は100%食べ物からできているから!

だから食べ物や食べ方を変えると、必ずからだは変化します♪

でも、それが難しい。わかっててもできないんです、よね。

でも、できる限りでいいんです。

食べ物や食べ方を腸が喜ぶものに変える。

それがわたしたちができる簡単でシンプルな腸活なんです。

わたしたちのからだは100%食べ物からできている

アラサーママの大半が毎食の食事係をしていることでしょう。

毎日考えるメニュー。

夕食は、皆がそろうので、肉か魚のどちらかをメインに。

そして、ごはん、みそ汁、サラダなど。

これだけしっかり、毎日そろえているのは大したもの!!

 

でもね、朝や昼はどうでしょう・・・

朝は、ちゃちゃっと食パンにバターとジャム、そして牛乳。

昼は、スナック菓子か菓子パン・・・

朝は時間がないから~~、まだ活動モードになっていないから・・・

昼はわたし一人だから・・・ってことになりがち。でしょ。
 

でも、わたしたちのからだは、100%食べ物からできているということも忘れがち。

食べ物や食べ方を変えると、必ず体は変化するってことです!

でも、「食生活に気をつける」、それが結構難しい。

ハードルが高い。
 

でも、できる限りでいいんです。

できる限りで、食生活を変えることは、誰もができる簡単でシンプルな腸活なんです。

マストは、実は空腹!!

腸活で大事なことは空腹を感じること!

腸活。

それは、腸の中の細菌バランスを整えること。

それが体や心の健康につながっていきます。

溜まりにくい体質になる、っていうのがアラサーママには嬉しいことなのです。

 

腸活というと、何か体にいいものを食べなきゃ、補給しなきゃと思いがち。

不足しているものをプラスすることももちろん大事なことなのですが、もっともっと大事なことは、「空腹」を感じるということなのです!

 

食事をいつ食べていますか?

食事の時間だから・・・今のうちに・・・と、ママたちはやりがち。

お腹が空いていないのに食べているってこと実は多いです。

 

でも、実は、お腹が空いていないのは、腸が食べ物を受け入れる準備がまだ整っていないってことみたいです。

腸の受け入れ態勢が整っていないのに、ドカドカ食べ物を送り入れると、腸内では働ききれないので、結果溜め込みがちになってしまうんです。

空腹のパワー

「お腹が空いたなぁ」と、空腹を感じるのが大事なのは、そのときだけ腸に分泌されるホルモンがあるからです。

その正体は、モチリンというホルモンです。

モチリンは、腸だけではなく、消化器全体を動かすパワーがあるんです。

 

ふつうは、食べ物が胃に入って、胃が刺激されることで、腸に指令を出し、働き始めるのですが、

空腹を感じると、モチリンが登場して、食べ物が入らなくても腸は動き出すんです!

 

働く準備が整っていないのに、ドカドカ仕事が降ってくることは誰でも嫌です。

腸も嫌なはず。

それよりも、ちゃんと試運転が始まってから、徐々に本格的に働きだす方が、絶対気持ち良く仕事できますよね!

 

お腹が空いたって感じることって、腸に気持ちよく働いてもらうために、必要なことなんです。

お腹が空いたって感じることが、腸活のスタートだったんです♪

気持ち良く食べると腸は喜ぶ

腸が喜ぶことで腸活するならば、気持ちよく食べる!ってこともいいみたいです。

アラサーママの万年ダイエッターになると、常に食べたい欲求との葛藤だったりするわけです。
 

すると、

「これは太るよね~~」

「体に良くないことはわかっているんだけど・・・」

「明日から我慢するから~~」

なんて、言い訳しながら食べるでしょ?(笑)

マイナスな気持ちで食べていることって多くないですか?

マイナスな感情と一緒に入ってきた食べ物のなんて美味しくないでしょう?
 

腸は意外とデリケートなので、マイナスな気持ちとかストレスを敏感に感じ取ってしまうんです。

で、うまく働けなくなる・・・溜まってしまう・・・

 

どうせ食べるなら、

「美味しい」「楽しい」「ありがたい」!

そうやって気持ちよく食べ物を腸へ届けましょう!

腸は「はい、喜んで~~」って、気持ちよく仕事してくれるはずです。

 

あ、もうひとつ。

そんなご褒美ご飯のときは、好きな人、気が合う仲間と食べるときって決めとくといいですよ。

その時間自体が楽しい気持ちいい時間に包まれていますからね♪

逆をいうと、嫌いな人、好きじゃない雰囲気のところでは、自然とストレスでいっぱいになっているので、あまり食べない方がいいかもです。。。

赤白黄色、食品添加物は控えめに

腸が嫌がる食べ物も覚えておきましょう!

腸が好きじゃないのは、赤、白、黄色。

チューリップの配色、好きじゃないみたいです。

それと、食品添加物。

腸が喜ぶのは緑と黒!

食べ物をザっと色で分けてみます。

赤、白、黄、緑、黒(茶)の5色。

その中で、腸が喜ぶのは、緑と黒(茶)のグループだそう。

緑は、

・・・ほうれん草、小松菜、大根やかぶの葉、春菊、ブロッコリー、セリ、アスパラガス、かぼちゃ 

などなど、緑黄色野菜系。

 

黒(茶)は、

・・・わかめ、ノリ、ひじき、大豆、きのこ、きくらげ、ごぼう、タケノコ、ゴマ、生姜、味噌、しょうゆ

などなど、海藻、キノコ、発酵食品系。

 

一方で、腸が好きじゃないチューリップの3色グループは、少し控えめにできたら、腸は喜んでくれると思います。

赤・・・肉類、加工肉

白・・・精製されたもの、小麦粉を使ったもの、白米、白砂糖、精製塩

黄・・・脂っこいもの、揚げ物、生クリーム、スナック菓子、

 

わたしは、比較的、緑や黒グループを食べることが多いなぁと思いましたが、それ以上に好きなのは、白グループ!

腸は「え~~、またぁ~~」なんて、ガッカリしていたかもしれませんね。

食品添加物は腸内細菌まで抑えちゃう

わたしたちがよくチェックする消費期限や賞味期限。

買い物するときも、「なるべく日持ちするもの」を選んだりします。

 

しかし、よく考えてみると、食べ物も時間とともに変質するのが本来の姿。

カビが生えたり腐ってしまったりも本当はあってあたりまえのことなんですよね。

そんな当たり前の変質が、本当のスピードで起こらず、長い間美味しい状態で続くのは添加物の働きによるもの。

添加物は食品をコーティングして、細菌の付着や繁殖を防いでくれているからなんです。

 

子どもたちを連れて、買い物も一苦労のママたち。

日持ちする食材は本当にありがたいんです。

買い物し忘れたときにも、パントリーや冷蔵庫を探して「お、まだまだ大丈夫」と一食補えた時にはかなり楽です。

 

でも、覚えておきたいのは、腸内細菌も細菌であること。

細菌の繁殖を防ぐ添加物は、腸内細菌も敵の一種なんです!

添加物が多い食品を頻繁に食べていると、腸内細菌の活動も少なからず抑えられています。

 

買い物するときは、保存料やPH調整剤、酸化防止剤、着色料、香料、甘味料などの添加物のチェックも忘れずに。

添加物が少ない方が、腸内細菌は変化せず、活動しやすくなります。

より添加物が少ない食品を選んだり、毎食は食べないようにしたり、ちょっと気にしていきましょう。

腸の喜ぶアイテム「酵素」

腸が喜んでくれるのは、空腹、緑と黒の食べ物。

もっともっと喜んで働いてもらうためのアイテムは、「酵素」。

腸が喜ぶマストアイテム酵素

酵素は、呼吸、消化、代謝に働いていて、酵素がないとわたしたちは生きていけないというくらい、生きていくために必要不可欠なものです。

からだの中で作られる酵素は、体内酵素といわれて、数千種類あり、大きく2種類にわけられます。
 

ひとつめが、消化酵素。

消化酵素は、食べ物の消化、分解、吸収に働きます。
 

ふたつめが、代謝酵素。

代謝酵素は、からだの修復や新陳代謝に使われます。

消化酵素と代謝酵素のバランス

消化酵素と代謝酵素の体内酵素は、使われる直前でどちらになるかが決まるんです。
 

例えば、食べる量が多いな、消化に時間がかかりそう・・・と判断すると、消化酵素として多く使う分が増えます。

そうすると、代謝酵素に使われる分が少なくなりますよね。

代謝酵素が少ないと、からだの修復や細胞の生まれ変わりなどの新陳代謝への活動が減ります。

くたびれたからだや細胞が回復しにくくなります。

 

反対に、食べる量が少ないと、消化酵素は少なくて済みそうだ!代謝酵素に回そうと判断されます。

代謝酵素がたくさん使われると、新陳代謝やからだの修復が活発になって、疲れにくい元気なからだで毎日いられることになります。

消化酵素と代謝酵素のそれぞれのベストバランス

だから、体内酵素を消化酵素と代謝酵素にどう使われるかは、人にもよるし、生活にもよる。それぞれ。

たくさん食べる人、たくさん食べた日、よく動く人、よく動いた日・・・

 

それでも、わたしたちアラサーママが求めるのは、消化酵素が働いて、溜まらないこと。

代謝酵素が働いて、疲れが残らず元気でいられること。

 

でも残念なことに、体内酵素は限りがあるのです・・・

しかも酵素にも老化現象があります

体内酵素は、限りがある上に、年々作られる量も減っていきます。

年々疲れがとれにくくなっている、食べているものが変わらないのに、ぷよぷよぽっちゃりになってきた・・・のは、酵素の量に変化があることも大きいです。

 

毎日、毎食、お腹がいっぱいになるまで食べると、消化酵素は無駄遣いによって代謝酵素がない!

代謝が落ちて、からだのぽっちゃり化はどんどんすすむのです。

 

だから本当は、普段から、食べる量をセーブして、消化酵素をあまり使わないでおけば、新陳代謝や修復に使いたい代謝酵素の働きが活発になって、シャッキリ元気でいられるはず。

不足分の酵素をプラス!!

でも、食べることが好きなんです。わたしたち。

食べる量や、食べるものは、意識しますが、やっぱり美味しく食べていきたい。

 

そしたら、体の外から酵素を足してあげることも考えてみたらいいですよね!

特に、酵素が豊富な発酵食品たち。

味噌、しょうゆ、塩麹、酢、納豆、漬物、ヨーグルト、チーズ・・・

 

これらを取り入れるときの注意は、

毎食少しずつ食べること。

酵素は、熱に弱いため(約50度以上の熱で活性を失う)、非加熱のものや、調理に注意すること。

そして、添加物がなるべく少ないものを選ぶこと。
 

注意点を考慮して、酵素をプラスしようと思うと、サプリメントで酵素を取り入れるのが、らくちんでおすすめですよ♪

[card2 id=”151″]

腸の喜ぶアイテム「善玉菌」

ビセラ ラクビ

腸が喜んでくれるのは、空腹、緑と黒の食べ物。

そして、酵素。

さらには、「善玉菌」です。

腸は、一緒に働いてくれる仲間もとっても喜びます♪

運命の相手を見つける♪

腸内細菌は、種類は1000種類以上、数は1000兆個、重さは、1.5㎏ほどになるほど、実は大量!!

いい働きをする善玉菌の他にも、有害な働きをする悪玉菌と、善悪どちらともいいきれない日和見菌が混在しています。

細菌のバランスや働きによって便の状態や、健康までも左右されるほど、重要なもの。

理想のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7 といわれます。
 

善玉菌を含む腸内細菌は、指紋のように一人ひとり違います。

同じ食事をとる家族でも、似る傾向はあるのですが、同じではないそう。

恋と同じで、タイミングと相性が腸内細菌にも大切なんです♪
 

運命の腸内細菌と出会うために、より多くの腸内細菌と出会ってみることが近道。

相性がよいと、便の形、色、ニオイがどんどん美しくなります♪
 

より多くの腸内細菌と出会う方法にも、より手軽に始められて、ダメだったら切り替えて新しい出会いを求めるのに、最適なのはサプリメント。

運命の相手に出会えますように。

[card2 id=”429″]

まとめ

食べ物や食べ方を腸が喜ぶものに変える。

それがわたしたちができる簡単でシンプルな腸活なんです。

腸が喜んでくれるのは、空腹、緑と黒の食べ物。

そして、酵素と、善玉菌。
 

朝ごはんには、チーズ、ヨーグルトを足したりして。

ひとりで簡単に済ませたい昼ごはんには、納豆を足そうかな。

おやつに、バナナきなこヨーグルトとかいいかも♪

サプリメントも活用したら、ものすごく頑張らなくても良さそうな感じで、わたしもやれそう♪

ABOUTこの記事をかいた人

Mika@保健師ママ

恐竜好きな3歳男児のママ / 身長160cm / 足24cm / 53.3kgからのアラサー万年ダイエッター / O型ズボラさみしがり / 小中高バレー部 / ミスチルLOVE / アメトーク録画派 / 田舎で山・海・自然を満喫中 / 食べるの大好き!