【徹底比較】ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)はどっちがおすすめ?

【徹底比較】ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)はどっちがおすすめ?

ビセラ(BISERA)もラクビ(Lakubi)も、短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)の力で腸内フローラをサポートしてくれるダイエットサプリ。
名前も似ているし、どちらも「善玉菌・悪玉菌にアプローチ」って言ってるし、違いがよくわからない方も多いはず。

そこで、ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の成分や価格を徹底比較!
どっちがおすすめなのか、わかりやすくまとめました。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の決定的な違い

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の決定的な違いは、「短鎖脂肪酸を直接摂れるかどうか」です。

短鎖脂肪酸とは、腸内細菌によって作られる酸の一種で、体の内側から健康や美容をサポートしてくれる成分。
私たちの腸を元気にしてくれる働きがあることがわかり、今世界中で注目されているんです。

ビセラ(BISERA)もラクビ(Lakubi)も、この短鎖脂肪酸の力で腸内フローラを整えることで、ダイエットをサポートしてくれるサプリ。
一見同じに見えますが、ビセラ(BISERA)は短鎖脂肪酸を直接摂ることができるのに対し、ラクビ(Lakubi)は間接的にしか摂ることができないんです。

ビセラ(BISERA)には、短鎖脂肪酸そのものが配合されているので、そのまま摂ることができます。
一方でラクビ(Lakubi)は、「酪酸菌(らくさんきん)」という短鎖脂肪酸を作り出してくれる菌が主成分。
体内で短鎖脂肪酸を作り出されるので、直接摂るよりも効率が落ちてしまうんです。

そのため、ビセラ(BISERA)の方が短鎖脂肪酸を効率よく摂ることができ、より高いダイエット効果を期待できるというわけなんです。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の成分を比較

ビセラ(BISERA)に配合されている成分

ビセラ(BISERA)には、短鎖脂肪酸の他に、ラクリス菌、EC-12菌、ナノ乳酸菌など32種の腸内フローラサポート菌がなんと1兆個も配合されています。

32種類もの菌を配合しているのは、乳酸菌などの腸内フローラサポート菌には人によって相性があるから。
どんな人にも合うように、たくさんの種類の菌を配合しているんですね。

その他には、善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖、悪玉菌を減らしてくれる水溶性食物繊維を配合。
胃で溶けずに腸まで届く特殊加工カプセルを採用し、成分を生きたまま腸に届けてくれるんです。

ラクビ(Lakubi)に配合されている成分

ラクビ(Lakubi)には、酪酸菌の他に、腸内フローラを整える成分としてビフィズス菌B-3、植物性キトサンを配合。
ビセラ(BISERA)と比べると種類は少ないですが、酪酸菌との相性がよく、しっかりとサポートしてくれます。

善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖はラクビ(Lakubi)にも配合。
悪玉菌を減らしてくれる成分としてはサラシアエキスが配合されています。

成分量もビセラ(BISERA)の方が多い

ビセラ(BISERA)の方が成分の種類が豊富ですが、量もラクビ(Lakubi)より多いです。

ビセラ(BISERA)は1粒375mg、ラクビ(Lakubi)は1粒269mg。
実際のカプセルがこちらですが、ビセラ(BISERA)の方がラクビ(Lakubi)より大きいです。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)のカプセルのサイズを比較
 

中身を出してみても、やはりビセラ(BISERA)の方が成分量は多いですね。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の成分量を比較
 

成分的には、ビセラ(BISERA)の方がラクビ(Lakubi)よりもダイエット効果を期待できるかと思います。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の成分比較表

ビセラ(BISERA) ラクビ(Lakubi)
主成分 短鎖脂肪酸 酪酸菌
腸内フローラサポート成分 ラクリス菌
EC-12菌
ナノ乳酸菌
(全32種類)
ビフィズス菌B-3
植物性キトサン
善玉菌を増やす成分 オリゴ糖 オリゴ糖
悪玉菌を減らす成分 水溶性食物繊維 サラシアエキス
成分量 1粒375mg 1粒269mg

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の価格を比較

価格を比較すると、ラクビ(Lakubi)の方がビセラ(BISERA)よりもお手頃です。
しかも、ラクビ(Lakubi)は定期縛りがないため、気軽にお試しすることができます。

初回価格は、どちらも500円(税込)で同じ。送料も無料です。
2回目以降の価格は、ラクビ(Lakubi)は2,740円(税込)、ビセラ(BISERA)は3,980円(税込)。
ラクビ(Lakubi)は継続回数のお約束(定期縛り)がありませんが、ビセラ(BISERA)は4回の受け取りが条件となっています。

成分的にはビセラ(BISERA)の方が豊富ですが、価格はラクビ(Lakubi)の方がお手頃。
気軽にダイエットするならラクビ(Lakubi)、本気でダイエットするならビセラ(BISERA)を選ぶといいかもしれません。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の価格比較表

ビセラ(BISERA) ラクビ(Lakubi)
初回価格 500円 500円
2回目以降 3,980円 2,740円
定期縛り 4回 なし

※価格は税込み。

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)はどっちがおすすめ?

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)はどっちがおすすめかと言うと、成分的にはビセラ(BISERA)の方がおすすめです。

短鎖脂肪酸をダイレクトに摂ることができ、32種類の腸内フローラサポート菌を1兆個も摂れるなど、成分の量も圧倒的です。
本気でダイエットに取り組むなら、ラクビ(Lakubi)よりもビセラ(BISERA)の方がおすすめです。

ただ、ラクビ(Lakubi)も十分効果を期待できるので、気軽にダイエットを始めるならラクビ(Lakubi)の方がおすすめです。

ラクビ(Lakubi)は定期縛りがないので、体に合わなかったとしても初回500円(税込)だけで解約することもできます。
2回目以降続ける場合も1袋2,740円(税込)、1日あたり約91円ですので無理なくダイエットを続けられます。

どっちにしようか迷ったら、まずはラクビ(Lakubi)から試してみるのもありです。
どちらも大人気のダイエットサプリですので、ぜひ効果を確かめてみてくださいね♪

ビセラ(BISERA)とラクビ(Lakubi)の比較表

ビセラ(BISERA) ラクビ(Lakubi)
初回価格 500円 500円
2回目以降 3,980円 2,740円
定期縛り 4回 なし
主成分 短鎖脂肪酸 酪酸菌
腸内フローラサポート成分 ラクリス菌
EC-12菌
ナノ乳酸菌
(全32種類)
ビフィズス菌B-3
植物性キトサン
善玉菌を増やす成分 オリゴ糖 オリゴ糖
悪玉菌を減らす成分 水溶性食物繊維 サラシアエキス
成分量 1粒375mg 1粒269mg

※価格は税込み。

ABOUTこの記事をかいた人

Mika@保健師ママ

恐竜好きな3歳男児のママ / 身長160cm / 足24cm / 53.3kgからのアラサー万年ダイエッター / O型ズボラさみしがり / 小中高バレー部 / ミスチルLOVE / アメトーク録画派 / 田舎で山・海・自然を満喫中 / 食べるの大好き!