ビオフルは妊娠中・授乳中でも飲める?成分の副作用・アレルギーは?

ダイエットはしたいけど
「妊活」・「妊娠」・「授乳中」
女性ならではの理由で、「このサプリ飲んで大丈夫?」ってなりますよね。

自分以外の命を体で育て、産んだ後も自分の体で作られた物を与える女性だから気をつけたい

サプリは口に入れる物・自分の体になる物なので、安心するために調べてみました。

ビオフルは妊娠中・授乳中でも飲める?

パッケージに
妊娠・授乳中の方は、ダイエット目的での使用をお控えください。
の文字がありました。

ビオフルを試したい場合は、
授乳が終わった後のダイエットってことになりますね。

ビオフルの成分に副作用はある?

ビオフルで副作用が出る事はありません。
ですが
人によって成分でアレルギーが出来る事があります。

ビオフルにアレルギー成分は含まれている?

乳成分・かに・大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・ヤマイモの成分が含まれています。
カニが含まれているので甲殻類アレルギー・食物アレルギーがある方は摂取を控えてください。

アレルギーをお持ちの方には残念な点ではありますが、自然由来の成分が入っているって点では体に優しそうだなって印象を持ちました。

ビオフルの全成分

  1. デキストリン:じゃがいも等のデンプンから作られた、原材料を均一に混合するまとめ役。
  2. 難消化性デキストリン:食物繊維不足を補う目的で作られた、デンプンの仲間。
  3. 酪酸菌:善玉菌の一種。耐久性が高く生きたまま腸に届き、善玉菌をサポートする。
  4. 有胞子性乳酸菌末:殻で守られていて、腸までしっかり到達することができ、悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートする。
  5. ビフィズス菌:腸内環境改善作用、脂質代謝改善効果がある。
  6. 殺菌乳酸菌末:乳酸菌を加熱殺菌処理して加工したもので、菌数を多く摂取できる事が出来る優れもの。
  7. 植物発酵抽出物:体内の酵素の働きを調節、代謝をスムーズにし、健康維持をサポートする。
  8. インマルトオリゴ糖:自らがエサとになり、腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を整え、腸内が腐敗するのを抑える。
  9. ギムネマシルベスタ抽出物:腸管から糖が吸収されるのを抑制、余分な糖を体の外に排出してくれるのでダイエットに効果的。
  10. フラクトオリゴ糖:消化酵素で分解されないため、胃や小腸で分解されることなく大腸に届き善玉菌のエサになる。
  11. リンゴ酢末:血中の脂質を減少させ、代謝を活発にする。
  12. HPMC:体に害のない食品添加物。
  13. ステアリン酸Ca:ステアリン酸カルシウム。サプリメントに使用される、体に害のない食品添加物。
  14. ゲル化剤(ジェランガム):液体をゲル化して固化する成分。
  15. キトサン:血中コレステロールを低下させる、甲殻類の殻などに含まれている。
  16. リンゴ酸:梅干、果実類などに含まれている、活力あるカラダ作りに役立つ成分。

ビオフルの食品添加物は安全?

ビオフルに含まれている食品添加物はHPMCとステアリン酸カルシウムの2つ。

  • HPMC
    臨床実験で、毒性・発がん性はともに大量に摂取したとしてもないと結果が出た成分なので、安全ですね。
  • ステアリン酸カルシウム
    海外でも安全性が高いと認められていて、100%植物由来パーム油ベースを使用しています。
    水に溶ず、単に体の中を素通りしていくそうです。
  • 名前の雰囲気でとても難しく考えてしまいましたが、どちらもサプリメントに含まれている事が多い安全な成分でした。

    飲む前は医師に相談しましょう

    妊娠・授乳期間は避ける、アレルギーの方は避けた方がいいと紹介してきました。
    より安全にビオフルを飲むためには、医師に相談される事をお勧めします。
    女性は、気がつかなかったけど、妊娠していたなんて事も…
    妊娠すると体質が変わって、実は果物のアレルギーをもっていて、強くアレルギー反応が出るようになってしまった。
    なんて事もあります。
    ダイエットも健康の為、健康の為に飲むサプリメントなので安全に飲むためににも、不安がある場合は是非ご相談されて下さいね。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Mika@保健師ママ

    恐竜好きな3歳男児のママ / 身長160cm / 足24cm / 53.3kgからのアラサー万年ダイエッター / O型ズボラさみしがり / 小中高バレー部 / ミスチルLOVE / アメトーク録画派 / 田舎で山・海・自然を満喫中 / 食べるの大好き!