多くの人が気になっているのが『無添加化粧品』のようです。
透明感のあるモテ肌を目指す無添加化粧品、無添加の美白化粧品のおすすめを紹介したいと思います。

 

では、さっそくですが・・・
みなさんの中で、『無添加化粧品』とは、どんなイメージですか?

?お肌にやさしそう
?刺激が無さそう
?とにかく高い!高級そう
?効果があるのかわからない
?美白はできるのか不安

もしかしたら、イメージ以前に、無添加化粧品って聞いたことあるし、目にするけれど・・・実際どんなものかわからない、普通の化粧品との違いがよくわからないという人も多いはず。

 

 

そもそも『添加物』とは何か、、、
調べると、真っ先に出てくるのが、『食品添加物』です。
食品衛生法という法律には「『食品添加物』とは食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と定義されています。

こうみると、必要不可欠なもののように感じますが、なぜか、食品添加物は良くない、イメージがありますよね。

食品添加物には、「合成」のものと、「天然」のものがあります。
その中でも、「合成」のものは、化学の力によってできたもの、いわゆる化学物質です。

 

きっと、この化学物質というものが良くないイメージへ影響していると考えられます。
その理由は、公害

みなさんも、社会の授業で習ったはずです。
水俣病や四日市ぜんそく、、、
高度成長期につぎつぎと起こった公害は、多くの人々に健康被害を与えました。

それが、化学物質に対する不信感をもたせ、食品添加物に対しても「危険」というイメージをもちやすいのだと思われます。

 

無添加化粧品が選ばれる理由も同じかもしれません。
きっと、『添加物≒体に悪いもの』そして、『無添加≒添加物の配合が無い』とイメージがつき、なんとなく「無添加化粧品はお肌にやさしそう」だと感じられているのではないでしょうか。

 

でも実は、無添加化粧品もお肌に刺激がある可能性があったり・・・
無添加化粧品にも、添加物が配合されているんです・・・

って知ったら、みなさん、驚くでしょうか!?

 

 

おすすめの無添加化粧品を紹介する前に、これらの無添加化粧品への『???』を解消し、無添加化粧品を知ったうえで、自分にぴったりの美白化粧品を無添加化粧品を含めて選んでもらえるようサポートしたいなぁと思っています。
目指せ!透明感のあるモテ肌!!

・無添加化粧品の定義とは
・無添化粧品をおすすめするわけ メリット&デメリット
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめポイント
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめ『自分にとって』の無添加化粧品の基準をつくること!
<特にお肌への刺激の強い成分>
・化粧品の全成分表示のルール

>>>透明感のあるモテ肌におすすめ無添加化粧品・無添加の美白化粧品!

>>>(仮)無添加化粧品とオーガニックコスメの違い知っていますか?実際どちらがいいの?

●無添加化粧品の定義とは

無添加化粧品が気になる方には、肌荒れがひどい&荒れやすいので、刺激がなくて安心して使える化粧品を使いたいという人や、お肌に余計なものを与えずシンプルなスキンケアをしたいと思っている人など、理由は様々でしょう。

まず、知っておいてほしいのは、そもそも「無添加化粧品」には、決められた定義がありません!!

 

つまり、何をもって無添加化粧品として名乗っているか・・・
それは、各化粧品メーカーで決めることができるというわけです。

 

多くの化粧品メーカーが、基準としているのは、「旧表示指定成分」です。
この「旧表示指定成分」とは、まれにアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性のある成分102種と香料を指定。
消費者がトラブルを回避できるようにしたものです。
(※2001年、化粧品の規制緩和の実施によって、化粧品の全成分表示が義務付けられたことによって、この区分は廃止されています)

 

しかし、この「旧表示指定成分」を基準にしているといっても、これらを「一切配合していない」というレベルから、「特定の成分ひとつだけ配合していない」というレベルまでさまざまなんです!!
つまり、無添加化粧品として販売されていても、実は通常の化粧品を大差なく、ほとんどの添加物が配合されている場合もあるということです。

 

とにかく大事なのは、世の中には、非常にさまざまな『無添加化粧品』が存在しているということ、『無添加=添加物無し』ではないということ!!です。

 

●無添化粧品をおすすめするわけ メリット&デメリット
無添加化粧品には、決められた定義や基準が無く、さまざまな無添加化粧品が存在するという現状がありますが、言い方を変えれば、各メーカーが、「刺激となる、または刺激にならないであろう可能性」や、添加物の中でも「必要・不必要なもの」をきちんと見極めているとも言えます。

化粧品成分の研究開発が盛んな時代。
各メーカーはお金をかけて研究開発し、それぞれの『無添加化粧品』を作り出し、自信をもって提供しているはずです!!

わたしたち消費者が、自分にあうものを選ぶ力を備えていく必要があるということかもしれません。

 

世の中には、多くの『無添加化粧品』があります。
無添加化粧品をおすすめしたいわけ、無添加化粧品のメリットは・・・

<無添加化粧品のメリット>
・刺激となりやすい添加物を配合していないため、肌に優しいものがほとんど
・化学成分(添加物)が使われていない
・合成香料にはない、天然の香りのリラックス効果がある
・余計な添加物を使わないことで、肌本来の力や美しさを引き出せる

 

そして、知っておいてほしい無添加化粧品のデメリットは・・・
<無添加化粧品のデメリット>
・添加物が使われていることがある
・無添加といって、肌荒れしないわけではない
・効果を実感するのに時間がかかる場合が多い
・防腐剤が使用していない場合、使用期限が短い傾向がある
・防腐剤・殺菌剤などが使用しない場合、雑菌を混入させないように、容器の口に触れないように注意する

無添加化粧品のメリット・デメリットを知って、上手に使用していきましょう!

●無添加化粧品を選ぶときのおすすめポイント

そして、『無添加化粧品』を選ぶ際のおすすめポイントは、『自分にとっての無添加』をはっきりさせておくことです。

上記に書いたとおり、無添加化粧品には明確な定義や基準がありません。
そのため、各化粧品メーカーで、自由に定義して『無添加化粧品』とすることができます。

 

そこで、『自分にとって』は、何の添加物が余計なのかを決めておきましょう。
特定の成分でアレルギー反応が出た方なら、『自分にとって合わない成分』がはっきりしているはずです。

 

人それぞれに肌の質や特徴、状態は異なるので、もちろん合う成分・合わない成分も違います。
単純に『添加物』が嫌だな、、、と思う人もいるかもしれません。

 

添加物の働きとデメリットとなる性質がわかると、その『自分にとって』の基準を作る判断材料になると思います。
また、トライアルセットやサンプルを使用することで自分のお肌がちゃんと教えてくれますよ!

 

下記に添加物の詳細を続けて記載します!!
また、美白化粧品Cafeのおすすめ無添加化粧品も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

●無添加化粧品を選ぶときのおすすめ『自分にとって』の無添加化粧品の基準をつくること!

<特にお肌への刺激の強い成分>
化粧品において、無添加の対象になりやすい主な成分があります。
それは、「防腐剤・殺菌剤」「界面活性剤」「着色料」「合成香料」などです。

★防腐剤・殺菌剤
化粧品には、アミノ酸、糖類、天然油脂などカビや微生物のエサとなる成分が使われています。
また、化粧品は使っている間に手指などから微生物が入り込むことがあったり、使用期間も長いので微生物に汚染される可能性が高いのです。

 

そこで防腐剤や殺菌剤は、長期間安定した品質を保持し、微生物が混入した際の繁殖や化粧品の変質、肌トラブルの原因になることを防いでいます。

 

主な成分は、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)、フェノキシエタノール、安息香酸塩、ヒノキチオール、エチルヘキシルグリセリンなど

 

でも、防腐剤や殺菌剤は、お肌への刺激が強い面もあるのです。
特に殺菌剤は、お肌を守る常在菌までも殺菌してしまい、肌本来のバリア機能を弱めてしまう可能性もあるのです。

 

では、やっぱり防腐剤は入っていない方がいい?
スキンケア商品は、開封してから数か月という長期間継続して使用するもの。
もし防腐剤が入っていなければ、時間の経過とともに雑菌が繁殖。その結果、その増えた雑菌がお肌に刺激をもたらす可能性もあります。

 

化粧品に配合できる防腐剤は、配合上限(%)が決められているので、つまりその範囲内で使用することになるので、一般的には安全割合の上限を超えません。
ただ、過去に特定の防腐剤によって肌にトラブルを生じたということがあれば、その成分を配合していない化粧品を使用しましょう。

 

そして、防腐剤や殺菌剤は、成分ごとにお肌への刺激の強さは異なります
使用した際にアレルギー反応が出てしまった方は、きちんと成分を特定し使用を避けたほうがいいですが、そうでない方でも刺激が気になるのであれば、なるべく刺激の弱い成分を選ぶといいでしょう!

 

<パラベンについて>
「パラベンフリー」という明記を見かけることがよくあります。
防腐剤のなかでも長年使用されてきた代表格がパラベンであり、消費者の目を引くように書かれていることがあります。

 

パラベンの配合量が多いと、抗菌力が高くなり、お肌への刺激を感じることがあり、敏感肌の人は、パラベンが皮膚への刺激になることがあります。

 

パラベンにも種類があり、抗菌力の高い順(お肌への刺激が強い順)に並べると・・・
(※実際に化粧品に配合すると、菌がいるところへの溶解性も関与するのでこの通りとは限りません)
ブチルパラベン > プロピルパラベン > エチルパラベン > メチルパラベン

 

しかし、「パラベンフリー」の表記には注意です!!
防腐剤はパラベンだけではないので、パラベンが入っていなくても、他の防腐剤を配合されていることもありますからね!
「パラベンフリー」=「防腐剤フリー」では、ない!
他の防腐剤・殺菌剤も要チェックです。

 

避けるべき成分と成分表記名
・パラオキシ安息香酸エステル/パラベン
・安息香酸ナトリウム/安息香酸Na
・デヒドロ酢酸ナトリウム/デヒドロ酢酸Na
・ヒノキチオール
・イソプロピルメチルフェノール/シメン-5-オール
・サリチル酸
・トリクロロ~

 

お肌への刺激が弱い成分
・フェノキシエタノール
・メチルパラべン

 

最近では、BG、ペンチレングリコールなど制菌効果をもつ保湿剤と組み合わせたり、他の成分との溶解性の相性によりパラベン類と組み合わせることで、パラベンの配合が少なくなっています。

 

 

★界面活性剤
界面活性剤は、ひとつの分子内に油になじみやすい部分(親油基または疎水基)と、水になじみやすい部分(親水基または疎油基)の両方をもつ成分。
この性質を利用して、洗浄、乳化、可溶化(水に溶けにくい物質を溶けるようにすること)、浸透、分散などの働きがあります。

 

界面活性剤は肌に良い?悪い??
界面活性剤のメリットは、メイクなどの油性の汚れを落とすためには必要な作用であり、クリームなどは乳化してその働きを安定させているとうこと。
デメリットは、そもそも水と油という混ざり合わないものをくっつける働きの成分であるため、肌に触れた時に皮脂とくっつき、皮膚の中に浸透させてしまうというということ。

 

やはり、一概に、良い悪いは言えないのが難しいところ。
判断基準は、やっぱり『自分にとって』ということになります。

 

界面活性剤の配合量に注意し、界面活性剤にもタイプよってお肌への刺激が異なり点をみていきましょう。

 

まずは、『天然』と『石油系』という分類。

お肌への刺激が強いのは、石油系合成界面活性剤です。
石油系合成界面活性剤は刺激が強く、肌のバリア機能を低下させる危険性があります。
そのため、長期間の使用することは、敏感肌やアレルギー肌への原因にもなります。

 

石油系界面活性剤の成分表記名
・ラウリル~
・ラウレス~
・オレイル硫酸TEA
・アルキル~
・ジメチコンポリオールメチル

 

そして、用途によって異なるタイプが使用されています。

『(陰イオン)アニオン型』
働き:洗浄や可溶化、乳化助剤
用途:石けん、シャンプー、洗顔料
お肌への刺激:比較的弱い
成分例:名前の最後に「~石けん」「~硫酸ナトリウム」とつくもの。高級脂肪酸石けん、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、N-アシルアミノ酸塩、アルキル硫酸エステル塩

 

『(非イオン)ノニオン型』
働き:乳化や可溶化
用途:化粧水・乳液・クリームを中心に多くの化粧品
お肌への刺激:とても弱く、ほとんどないほど
成分例:名前の最後に「~グリセリル」「~水添ヒマシ油」とつくもの。ステアリン酸グリルセル、PEG-60水添ヒマシ油など

 

『(陽イオン)カオチン型』
働き:柔軟・帯電防止・殺菌
用途:トリートメント・コンディショナー、リンス、制汗剤
お肌への刺激:やや強め
成分例:名前の最後に「~クロリド」、「~アンモニウム」とつくもの。ベンザルコニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、塩化アルキルトリメチルアンモニウムなど

 

『両性イオン(アンホ)型』
などに使われるのが、。として働きます。
働き:洗浄・乳化助剤
用途:ベビー用や高級シャンプー、リンス、柔軟剤
お肌への刺激:弱い
成分例:名前の最後に「~ベタイン」とつくもの。コカミドプロピルベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインなど

 

 

★着色料
着色料は、おもに顔料とよばれ、お肌を彩るメイクアップ化粧品に使われている原料です。

 

皮膚の上に付着して化粧膜を作り、肌色をきれいに見せたり、着色して魅力を増します。
また、ツヤや輝きを出したり、テカリを抑えたり肌の質感を変えたりするためにも使われています。

 

過去には、化学合成のタール色素やその中に含まれていた不純物によって肌トラブルが起こり、社会問題にもなりました。
タール系色素は口紅などの「色」を発するメイク用品に多く配合されています。肌トラブルとしては、皮膚炎を引き起こしたり、色素沈着から黒皮症を引き起こす可能性があります。

 

しかし、現在化粧品に使用されている色素は純度も高くなっており、いずれも厳しい検査に合格した安全性の高いものが使われています。

 

『無機顔料』
・体質顔料:(原料名)タルク、マイカ、セリサイト、カオリン、シリカ、硫酸バリウム、炭酸カルシウム
・着色顔料:(原料名)酸化鉄、ベンガラ、群青
・白色顔料:(原料名)酸化チタン、酸化亜鉛
・真珠光沢顔料:(原料名)魚鱗箔(パール剤)、オキシ塩化ビスマス、雲母チタン、酸化チタン被覆マイカ

 

『有機合成色素=タール色素』
・染料:(原料名)黄色5号、赤色213号、赤色223号
・有機顔料:(原料名)赤色228号、赤色226号、青色404号

 

『天然色素』
(原料名)β-カロチン、クチナシ青、ベニハナ赤(カルサミン)、クロロフィル、クルクミン

 

<顔料と染料の違いは?>
どちらも化粧品をつくるための色素です。
「顔料」は、水や油には溶けず、粉砕して微粒子の粉末原料にして配合されています。
皮膚に吸収されない大きさの粉体なので、お肌が色に染まることはありません。

 

「染料」は、水や油に溶け、鮮やかに発色するのが特徴です。
しかし、中には皮膚の角層に染着する色素もあります。
例えば、落ちにくいリップに配合されていることがあります。

 

 

★合成香料
モノには、香りがあり、もちろん化粧品についても同じです。
香りには、リラックスさせたり、興奮させたりと、影響力が大いにありますよね。

 

しかし、その香りによってもお肌に刺激が起こることがあるのです。
香りの成分には、『天然』のものと『合成』のものがあります。
合成香料によって、香料アレルギーを起こすことがあります
匂いアレルギーや臭いアレルギーとも呼ばれるそう。

 

香料アレルギーは、化学物質過敏症のひとつ。
香りの成分の中の化学物質に対して、アレルギー反応が起こり、なんらかの症状が出ます。

主な症状は、
・咳
・喉、鼻の症状
・息苦しさ
・めまい
・吐き気
・動悸
・手足のしびれ
・頭痛
・目がチカチカする
・皮膚の発疹、かゆみ、腫れ
など。

 

しかし、化粧品に含まれている香料は、配合されている成分の記載が義務化されていないので、単に「香料」という表示になっています。香料は3000種類以上あるそう。。。
世界的に見ると、EUでは26種類の香料について、アレルギー物質として表示が義務付けられているそうです。

 

合成香料が気になる方は、「無香料」「香料フリー」とう表示を選びましょう!
その化粧品にも、もしかしたら香りがあるかもしれません。

「無香料」「香料フリー」とは、「香料」が入っていないということで、においが無いということではありません。
それは、配合されている原料や精油ににおいがあるからです。

香り自体を避けたい人は、「無香性」「ノンパフューム」と表示を選ぶと、「においが無い(感じにくい)」という商品となるようです。

 

<その他化粧品の原料>
増粘剤・pH調整剤・キレート剤(金属封鎖剤)・酸化防止剤・紫外線カット剤・アルコール・鉱物油

 

・増粘剤
液体へのとろみづけ、液だれを防ぐなど使いやすさや使用上の向上、乳化された水と油の分離を抑制する乳化安定やゲル化、被膜形成などさまざま。小さい分子が鎖のようにつながって大きな分子となったポリマー(高分子)が主に使われています。

 

働き:増粘・ゲル化。商品の粘度を調整し見た目や使用感・使いやすさを良くする
用途:乳液、美容液、ジェル、ボディソープなど
成分例:カルボマー、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロースなど

 

働き:保湿。適度な水分を保持して皮膚に潤いを与える
用途:スキンケア製品など
成分例:ヒアルロン酸Na、コラーゲンなど

 

働き:感触向上。洗髪中や乾いた毛髪の感触を調整、洗浄後の肌にしっとり感を与える
用途:シャンプー、ボディソープなど
成分例:ポリクオタニウム‐7、ポリクオタニウム‐10など

 

働き:被膜形成。乾くと膜を作り、パック性の付与、スタイリング力を調整、メイクアップの色落ち防止などの性能や機能を高める
主用途:パック剤、ヘアスタイリング剤、メイクアップなど
成分例:PVA、(ビニルピロリドン/VA)コポリマーなど

 

働き:感触調整。水に溶けない細かい球状の粉末ですべりをよくする
用途:ファンデーションなど
成分例:ポリエチレン粉末、ナイロン粉末など

 

 

・pH調整剤
pH調整剤は、化粧品のpHを調整する成分。

pHとは、ある物質の酸性からアルカリ性までの度合いを示す数値のこと。0~14までの数値。
数値が7で中性となり、それより小さい数値になると酸としての性質が強くなり、大きくなるとアルカリとしての性質がより強くなります。

pH調整剤は、肌への負担を減らすように、化粧品を皮膚と同じ弱酸性にしたり、訴求成分を働きやすい状態にしたり、pHを適切な状態で保つために使われています。

 

酸性に傾ける成分として:クエン酸、リン酸、乳酸など
アルカリ性に傾ける成分として:水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、アルギニンなど

 

 

・キレート剤(金属封鎖剤)
キレート剤(金属封鎖剤)は、金属イオンによる化粧品の劣化を防ぐ成分。

化粧品は、その中に微量の金属イオン、ミネラルが存在すると、酸化などにより品質が劣化したり、化粧品中の他の成分と結びついて機能を低下させることがあるのです。
キレート剤は、金属イオンと強く結合し、金属イオンの働きを封鎖する役割があります。

 

主な成分は、EDTA(エデト酸)、クエン酸、エチドロン酸など

 

 

・酸化防止剤
化粧品に使われる原料、特に油性成分の酸化を防ぎ、品質を保持する役割があります。
酸化すると、臭いが変化したり、お肌への刺激の原因になることがあります。

主な成分は、トコフェロール(ビタミンE)です。
これは体内物質の酸化を防止する「身体の老化を予防するビタミン」として知られています。

 

 

・紫外線カット剤
UVケア化粧品の原料の中で最も大切なもののひとつ。
紫外線のエネルギーを吸収して別のエネルギーへ変換することで、お肌への影響を抑える『紫外線吸収剤』と、微粒子粉体が紫外線を反射させる『紫外線散乱剤』の2種類があります。
一般的に日焼け止め化粧品には両方を組み合わせて効率よく効果を高めているものが多いです。

 

紫外線吸収剤…
紫外線を化学反応でエネルギーに変換する働きがあります。
主に、ケイヒ酸系、ベンゾフェノン系、トリアジン系などの化学物質。
お肌に塗ったときに、白浮きせず、きしみ感もないので、使いやすいです。
まれにアレルギー反応を起こす人もいますが、たくさんのデータに基づいて安全性を確認しています。
敏感肌用として、紫外線吸収剤を使用していない「ノンケミカル」も販売されています。

 

紫外線散乱剤…
紫外線を物理的にはね返してブロックする働きがあります。
主に(微粒子)酸化チタンや(微粒子)酸化亜鉛が使用。
紫外線のUV-A~B波まで幅広く散乱できます。
かぶれるなどのアレルギー症状が起こりにくいので、お肌が弱い人におすすめです。
しかし、お肌に塗ったときに白浮きしたり、きしみ感が出やすいデメリットもあります。

現在は、細かい粉体も開発され、白くなりにくいものも増えましたが、きしみの原因になる酸化チタンの表面の活性効果が抑えられないという問題も残っています。

 

 

・アルコール
化粧品において、アルコールと呼ぶのは、「エタノール」のこと。お酒のアルコールと同じです。
「エタノール」の働きは、お肌にのせたときに、スッとする清涼感や軽い感触を出すためや、防腐効果、成分の安定性の向上です。
お肌への影響としては、皮膚が乾燥しすぎたり、刺激を感じたりする場合があります。

 

 

・鉱物油
鉱物油とは、石油由来の油のこと。
石油からプラスチックなどを作る際に出る油のことです。

 

石油というと、ゾッとするかもしれませんが、鉱物油の代表であるのが「ワセリン」と聞くと、どうでしょうか。
多くの人が使用している商品です。

 

鉱物油は、昔精製の不十分なものが出回ったことがあり、鉱物油を使用した化粧品を使ったことで、肌に影響が出たことがありました。
しかし現在は、精製技術が高まり、鉱物油の安全性は高いと言われています。
化粧品に使われる鉱物油の代表の「ワセリン」は、酸化しにくく安定していて、不純物が含まれないので、多くの人に肌への刺激が少ないものとして提供され、医薬品の材料になっていることもあります。

 

特に鉱物油は、「水分蒸散抑制効果」が非常に高い成分です。
お肌からの水分蒸散を防ぐので、潤いを保つ「エモリエント効果」が高く、アトピーの方や乾燥肌の方が「ワセリン」をよく使用しています。

 

鉱物油のデメリットは、保護性が高い反面、お肌の上で膜を作ると、なかなか落とすことが出来ないということです。
サッと洗っても、お肌の水弾きがいいという体験はないですか?
しっかり落とさないと、お肌で酸化してしまい、刺激性のある物質に変化し、それが肌トラブルの原因となったり、毛穴に詰まってニキビの原因となる危険性があります。

 

ワセリンの他に、化粧品に多く使われる「グリセロール(グリセリン)」は、鉱物油から作られるものと、植物から作られるものがあります。
他の成分には、パラフィン、セシレンなどあります。

●化粧品の全成分表示のルール

いろいろ成分をみてきました。
無添化粧品を選ぶ際に、『自分にとって』の基準を作るのがおすすめで、成分を見てほしいのです。

 

化粧品には、すべての成分を表示するのがルールがあります。
2001年4月、化粧品の規制緩和が実施され、企業の自己責任において化粧品が原則自由に製造・販売できるようになったからです。
それと同時に、情報公開の観点から、化粧品の全成分表示が義務付けられたのです。

 

全成分表示とは、それまでのアレルギーを起こす可能性がある成分のみの表示を義務付けた旧表示指定成分とは異なり、文字どおり化粧品に配合されているすべての成分を消費者にわかりやすい邦文名で表示するということ。
混合原料については、混合されている成分ごとに記載しなければならないとなっています。
また、香料を着香剤として使用する場合は、各成分名ではなく、「香料」として記載して差し支えないとなっています。

 

この全成分表示の義務によって、万が一、肌トラブルが起こったときには、全成分表示が記載されている容器や外箱を専門医にみせることで、原因物質が特定しやすくなり、適切な対応がとられやすくなりました。

 

そして、知っておいてほしいルールは表示順
配合量の多いものからと決まっています。しかし配合量が1%以下の成分については、それらを順不同で表記できます。
そのため、1%未満のものが多く含まれる商品の場合には、消費者の好む成分を前に表記したり、逆に消費者が避けがちな成分を後に表記したりと、メーカー側の意図が反映される部分でもあります。
これを知らないと、「前に書いてあるから、たくさん配合されている!」と思ってしまいがちですよ。

 

また、キャリーオーバー成分というものにも注意。
キャリーオーバーとは、英語で、「残っているもの」と言う意味です。キャリーオーバーとは、植物エキスなどを抽出する際に使う化学物質が、抽出後の成分にも残ってしまう事をいいます。製品中には、その効果を発揮されるより少ない量しか含まれていないので、表示しなくてもよいとされているんです。
キャリーオーバーの成分の中には防腐剤や酸化剤とともにアルコールもあります。混ざってしまう成分の量はごくわずかですので、普通の肌の方なら大体は問題ないでしょう。

 

しかし、キャリーオーバー成分には、旧表示指定成分(アレルギーを起こす可能性がある成分のみの表示)の防腐剤などが多いため、アレルギーの原因物質として見逃す可能性があり、表示されるべきであるという声も高まっています。

 

このように、全成分表示といいつつも、表記・無表記のルールがあるんです。
さらには、精製度合いが異なっても、表示名は同じということも知っておいてほしい点。

 

だから、全成分表示だからといって、それを見るだけで、商品のことがわかるかというと、、、完全にはわかりません!
全成分表示は「品質を保証するもの」と過信せず、内容成分を確認するための目安にはなります!

 

 

<旧表示指定成分>
まれにアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす可能性のある成分102種と香料を指定したもの。消費者がトラブルを回避できるようにしたものです。

 

現在は、全成分表示なので、一緒に表示されてしまっていますが。。。

 

でも。改めて成分を知っておけば、注意することができると思います。

 

ただし、2001年以降に登場した成分は、旧表示指定成分には載っておらず、しかしながら皮膚トラブルを起こす可能性があるものも存在するかもしれません。
そのため、旧表示指定成分以外は、安心というのも、間違いなんです。

まとめ

無添加化粧品について、わかりましたか?
おすすめの無添加化粧品を紹介する前に、これらの無添加化粧品への『???』を解消し、無添加化粧品を知ったうえで、自分にぴったりの美白化粧品を無添加化粧品を含めて選んでもらえるようサポートしたいなぁと思っています。
透明感あるモテ肌を目指して、かわいい女性になりましょう!!

このページでは、
・無添加化粧品の定義とは
・無添化粧品をおすすめするわけ メリット&デメリット
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめポイント
・無添加化粧品を選ぶときのおすすめ『自分にとって』の無添加化粧品の基準をつくること!
<特にお肌への刺激の強い成分>
・化粧品の全成分表示のルール
を紹介しました。

その他にも情報を掲載していく予定です。
>>>(仮)無添加化粧品のおすすめアイテム

>>>(仮)無添加化粧品とオーガニックコスメの違い知っていますか?実際どちらがいいの?