ハイドロキノンの市販化粧水・クリームの効果は?副作用・シミ撃退の使い方!

美白成分として、効果が注目されているハイドロキノン!
しかし、その一方で副作用の心配もみなさんありますよね。
正しい使い方を知ってシミを撃退!
美白化粧品Cafeがおすすめする、市販の化粧水やクリームもお伝えします。

 

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは、古くから、「写真の現像」などの還元剤、「ゴムの酸化防止剤や染料」として世界中で利用されてきた成分です。そして、写真を現像していた人の肌が白くなったことから、ハイドロキノンの美白作用を発見!

 

アメリカでは、シミや色素沈着の治療薬として使用され、早くから化粧品に配合され多くの女性が使っています。そのためアメリカでは、美白といえばハイドロキノンが主流だそう。

 

日本においては、ハイドロキノンの認知度が高まったのは、2001年の薬事法の規制緩和からです。これまで、医療として使われていましたが、この薬事法の規制緩和によって化粧品への配合が認められました

私たちの目にも触れるようになり、市販で自由に購入することができるようになったのは、最近の話なんですね。

 

また研究開発は進み、美白作用の高いハイドロキノンをまねて、いろんな美白剤が開発されています。
ハイドロキノン誘導体ともいわれ、アルブチンもそのひとつです。

>>>アルブチンの効果・副作用・おすすめ美白化粧品はこちらから

 

そして、安定した作用を得るため、ハイドロキノンの酸化や変質が起こりにくい「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」が開発されています。

>>>アンプルールは「新安定型ハイドロキノン」が配合される美白化粧品

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、厚生労働省から認可を得た美白成分です。ハイドロキノンは、高い美白作用があり、その効果・効能から「皮膚の漂白剤」とも呼ばれるほどです。

 

ハイドロキノンを日本でよく見られるようになったのは、薬事法の規制緩和を受けた2001年頃から。しかし、欧米では一般的な美白成分として古くから使用されている歴史ある成分です。

 

日本において、ハイドロキノンは、皮膚科・美容整形外科でシミの治療に使用されているのがまだまだ主流かもしれません。あとから、記述しますが、美白作用が高い分、副作用もあるため、日本では長い間、基本的に医師の管理のもとで、ハイドロキノン配合の軟膏・クリームが処方されているのです。

 

しかし、実際は薬事法によって、ハイドロキノンを市販の化粧品に配合することも認められています。

 

実は、医療の世界よりも、化粧品界の方が、ハイドロキノンの研究開発が盛んらしいのです!!さらには、ハイドロキノン以外の美容成分も配合している化粧品は、より毎日のスキンケアに合うように作られていたり、治療薬として処方されるハイドロキノンと効果もそれほど劣ることなく、使いやすいのでは、、、とも考えられます。

 

ハイドロキノンの一番の効果・効能は、もちろん美白作用!!
シミやくすみの予防だけでなく、今あるシミや色素沈着などを薄くするという効果も期待できるのです!!そのパワーは、美白有効成分であるアルブチン・アスコルビン酸・エラグ酸よりも、10~100倍とされるのです。

 

また、シミにはさまざまな種類がありますが、老人性色素斑(日光性黒子)、雀卵斑(そばかす)、炎症後色素沈着、肝斑のほとんどにハイドロキノンは有効とされるのも、大きな魅力のひとつです。

>>>シミの種類・タイプ別原因とおすすめ美白スキンケア

 

ハイドロキノンのパワフルな美白作用は、主に3つの働きによるものです。

①メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制!
酵素チロシナーゼとは、シミのもとになるメラニンを黒色化させる元凶。。。

肌が紫外線などの刺激を受けると、「メラニンを作れ」という指示が、細胞メラノサイトに伝わります。
そのメラノサイトの中で、酵素チロシナーゼが活性化!無色透明なアミノ酸、チロシンを酸化させ、ドーパ→→ドーパキノン→→黒色メラニンと変化させるのです。

 

ハイドロキノンは、この酵素チロシナーゼよりも先にチロシンと結びつきます。そうすることで、酵素チロシナーゼが働けなくなり、無力化。チロシンは、酸化することがなく、シミのもとになる黒色メラニンが作られないというわけです!!

 

②メラニン生成の司令塔であるメラノサイトを減少!
黒色メラニンの酸化が行われる細胞メラノサイトは、紫外線などの刺激を受けるほどにメラノサイト自体も増殖します。

メラノサイトは、メラニンの製造工場と同じ。つまり、メラノサイトの数が増えれば、それだけメラニンの生成も増加することになり、メラニンが蓄積し、シミや黒ずみができやすくなります。

 

加齢とともにシミやくすみが増えやすくなるのも、紫外線などの刺激にさらされた機会が長くなり、メラノサイトの数が単純に多いことも関係しているともいわれます。

 

また、メラノサイトは基本的には紫外線などの刺激を受けた時にメラニンを作りますが、加齢などの影響で異常を起こすと、メラニンを作り続けてしまうという恐ろしい事態も、、、
もしメラノサイトが異常を起こし、勝手にメラニン作り続けている状態だと、いくら紫外線対策をしても、シミは増えるばかり。。。

 

ハイドロキノンは、メラノサイトそのものの働きを抑制!メラニンの生成スピードが落ちてシミができにくくなることが期待できます!

 

③還元作用!
還元作用とは、元に戻すこと。
美白に関しては、酸化してしまったメラニンを元に戻し、黒色化することを防ぎます。

 

このハイドロキノンによる一度酸化してしまったメラニンを還元して、色を薄くし、シミを元に戻す効果は、ハイドロキノン特有のもの!他の美白成分にはみられず、この還元作用の高さがハイドロキノンが「皮膚の漂白剤」と言われる所以です。

ハイドロキノンの皮膚科での料金

日本では、ハイドロキノンは皮膚科や美容形成外科などでシミなどの治療に使われ、薬事法の規制緩和を受けた2001年から市販の化粧品に使用できるようになっています。

 

しかし、実は日本において市販の化粧品へのハイドロキノンの配合率の上限は定められていないのです。

厚生労働省は、ハイドロキノンの安全性について配合率2%までを推奨しています。そこで、多くの化粧品は2%程度、多くても4%以下の配合率が主流のようです。

 

治療薬として処方する皮膚科では、市販の化粧品よりもハイドロキノンの配合率が高い5%以上の軟膏やクリームがあるそう。
でも、気を付けたいのは、料金!ハイドロキノン配合のクリームや軟膏は、治療薬として処方されたとしても、美容目的となるので、保険の適用にならないということなんです!!

 

相場としたら、ハイドロキノン配合のクリームや軟膏は、約1か月分5gで、2,500円前後が一般的だそう。
そして、それにプラスして、初診料、再診料がかかるということになります。

保険適用であれば、ありがたいのに~~

 

 

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは、皮膚の漂白剤といわれるほど、美白効果が高く、透明感あるモテ肌への期待が大きいのですが、その分副作用にも注意しておく必要があります。

 

ハイドロキノンの代表的な副作用の症状としてあげられるのは、漂白剤ということからイメージしやすい、白斑、そして赤み・かゆみなどの炎症、シミやくすみの悪化など。

 

副作用①…白斑
白斑は、肌がメラニンを生成する機能を失い、白く色が抜けてしまう症状のこと。一度白斑になると、肌色に戻すことはとても困難といわれます。

使用上、注意したいのは、ハイドロキノンを3か月以上の長期間、連続で使い続けること。高濃度のハイドロキノンを使用すること

 

化粧品はハイドロキノンが低濃度の配合なので、比較的安全のように感じますが、やはり個々の肌質に違いがあり、3か月以上の長期間使い続けるとメラニンの生成ができなくなってしまう恐れがあることを知っておきましょう!

ハイドロキノン配合の化粧品を使い続ける場合は、念のために、途中で1か月ほどの休止期間を設けることをおすすめします。

 

副作用②…赤み
ハイドロキノンによる赤みには、いい反応と良くない反応があることを知っておきましょう!

いい反応は、ハイドロキノンを使い始めてから、3~5日に出たもの。これは皮膚からシミを剥がれるときに出る好転反応なので心配いりません。

しかし気を付けたいのは、24時間以内に赤みが出たもの。これは、お肌にとってハイドロキノンの濃度が高すぎるか、ハイドロキノン自体がお肌に合わない可能性があります。

 

副作用③…かゆみ
ハイドロキノンを使用して、かゆみが生じた場合考えられるのが、ハイドロキノンの濃度が高すぎる、ハイドロキノン自体が肌に合わない、化粧品の使用期間が過ぎている、など。
また、ハイドロキノンを使用した部分は、一時的にお肌がとても敏感になります。
UVケアを怠ると、いつも以上にダメージとなって、かゆみを引き起こすことがあります。

 

副作用④…シミ・くすみの悪化
ハイドロキノンは、美白作用がとてもパワフル!そのため、メラニン生成が一時的にストップしていると言った方がイメージしやすいかもしれません。

メラニンの本来の働きは、天然のサンスクリーン。紫外線のお肌へのダメージをガードする働きをしています。そのため、ハイドロキノンを使用したお肌は、メラニン生成がストップしているため、サンスクリーンが無い状態。

つまり、お肌の抵抗力は低くなっていて、いつも以上に紫外線などの刺激を受けやすく、しっかりとUVケアしないと、シミやくすみが悪化してしまうことになります。

 

<危険有害性の要約>
ヒトへの影響として、経口摂取では急性影響として頭痛、めまい、嘔吐、呼吸困難、チアノーゼ、昏睡等がみられ、3-12 g で死亡がみられる。

また高濃度の暴露で眼への刺激性や傷害性、皮膚への適用で皮膚炎やアレルギー反応がみられ、皮膚への長期適用で組織褐色症や白斑が報告されている。

実験動物でも眼、皮膚への刺激性と感作性が報告されているほか、中枢神経系、前胃、肝臓、腎臓、骨髄、脾臓への影響が報告されている。

変異原性・遺伝毒性についてはin vitro、in vivo で陽性が多く報告されている。

発がん性については実験動物ではラットで腎細胞腺腫、単核球性白血病、マウスで肝細胞腺腫/癌の有意な増加がみられているが、ヒトでは発がん性との関連が報告されておらず、IARC はグループ3に分類している。

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、美白効果が高い分、副作用にも気を付けたい成分。市販の化粧品として使用できるようになったということは、かなり安全性は高いものになってはいます。

 

しかし、ハイドロキノンの成分自体とても不安定なもの。
安全に使用するために、美白効果を確実に得られるために、使用上の注意を頭に置いておきましょう!

 

注意①
まず、ハイドロキノン配合の化粧品などは、1か月以内に使い切ること!
それは、ハイドロキノンが、空気に触れると酸化しやすいからです。

 

注意②
そして、ハイドロキノンをお肌に塗ったまま、紫外線を浴びない!
これは、ハイドロキノンは光に反応して構造変化が起こると、光毒性を持ち、お肌にダメージを与えてしまうことになるからです。

 

注意③
さらに、妊娠中の使用は控えること!
ハイドロキノンは濃度の低いものなら、お腹の赤ちゃんへ大きな影響はないと言われています。
しかし、なるべくリスクは避けたいもの。妊娠中のハイドロキノンの使用はおすすめしません。
また、ハイドロキノンと併せて使用することの多いトレチノインは妊娠中は使用禁止となっています。

 

使い方①
まず、一番初めにしてほしいのは、パッチテスト!
これは面倒がらずに、二の腕の内側などで、してくださいね。

 

使い方②
そして、いざ使用するときには、肌の状態を整えてから使用します。
ハイドロキノン配合のクリームを使用する場合は、洗顔後、化粧水や美容液をつけてからがおすすめです。
洗顔後すぐは、角質層に水分が多く含まれるため、ハイドロキノンが浸透しやすく、刺激が強くなってしまう恐れがあるからです。

そのため洗顔後に20分程度おくか、化粧水や美容液で肌を整えたあとに、肌の表面がある程度乾いてからハイドロキノン配合のクリームを使うといいです。

 

使い方③
また、ハイドロキノン配合の化粧品を使用する場合、その美白化粧品のシリーズを使用するか、その他の美白成分が含まれていないものを使用することをおすすめします。
美白成分同士の相性が悪かったり、効果が出にくくなったり、反対に刺激が増し炎症が生じる可能性も否めません。

特に、美白成分のレチノール、レチノンA、ビタミンAなどは、ハイドロキノンと相乗して肌を刺激することがあります。
美白化粧品は、シリーズで使った方が、その点の心配はないですね!

ちなみに、ハイドロキノンと相性がいいのは、ビタミンC
ビタミンC成分が配合された化粧品を使用すると皮脂バランスが整えられ、ハイドロキノンの浸透が促進します。

 

使い方④
そして、ハイドロキノンを使用しない日中は、必ず日焼け止めなどのUVケアをすること!

 

使い方⑤
美白作用が高いものなので、気になるシミ・くすみをピンポイントでアタックすることをおすすめします。
そして、シミが薄くなったら、使用を中止してくださいね。

 

使い方⑥
また、女性ホルモンに合わせての使用も効果的に良いとされています。
それは、女性ホルモンのプロゲステロンが生理の終わりから排卵日までに多く分泌され、メラニンを増加させるからです。
この生理終わりから排卵日までに集中的にハイドロキノンを使用する方法です。

ハイドロキノン配合の市販クリーム、化粧水のおすすめ

ハイドロキノンは、今まで書いてきたように、不安定な成分であり、光と反応してしまうこと、スポット使いがおすすめです。そのため、ハイドロキノンが配合されているのは、クリームや美容液、夜用が主流です。

化粧水など広範囲にしようするものには、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)が使用されていたり、日中使いするものには、ハイドロキノンが配合されていません。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品はたくさんありますが、その中でも特に美白化粧品Cafeがおすすめしたいのが、『アンプルール』と『b.glenビーグレン』です。

 

アンプルールは、皮膚の専門家が開発したドクターズコスメ!
アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンとして配合。光や熱、酸素に強く、低刺激となったハイドロキノンとして、パワーアップしています。

この新安定型ハイドロキノンが配合されているのは、夜用のスポット美白美容液『ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110』です。
ハイドロキノン配合率は、2.5%です。

>>>『アンプルール』の詳細はコチラから

 

そして、b.glenビーグレンも独自のテクノロージー、QuSomeキューソームによって、成分を安定させ、しっかりと浸透させる工夫がされています。

QuSome化したハイドロキノンが配合されているのは、ナイトクリームの『QuSomeホワイトクリーム1.9』です。ハイドロキノン配合率は1.9%なのですが、QuSome化させることで、ぐんぐん浸透し、効果はハイドロキノン4%に匹敵するほど!!

低刺激なのに、高い効果が期待できるのです。

>>>『b.glenビーグレン』の詳細はコチラから

ハイドロキノンの効果の出る期間

美白作用が高いハイドロキノンなので、気になるシミやくすみが早く消えないか、ソワソワしますよね!

しかし、焦りは禁物です。お肌の生まれ変わりは、そう簡単にはいきません。

>>>お肌のターンオーバーのしくみ

 

皮膚科や美容皮膚科で、ハイドロキノンを使用して治療を行う場合、治療の期間を3か月程度としているところがほとんどです。

また治療した人が効果を実感した期間は、ハイドロキノン配合のクリームとトレチノイン治療を併せて行った場合、1~3か月程度が多いようです。

 

シミの種類によっても効果の出方はもちろん異なります。
ある調査では、一般的なシミ、老人性色素斑の場合は、3か月でシミが明らかに改善したと感じる人は6割!
一方、肝斑の場合は、3か月で改善を実感している人は3割ほど。。。

 

そして、治療薬としてのハイドロキノンよりも、市販の化粧品に配合されるハイドロキノンの方が、独自の技術で浸透力を高めているものもあり、治療薬よりも早く効果を感じる可能性があります。

ハイドロキノンと併用されることが多いトレチノイン治療とは

皮膚科や美容外科において、シミなどの治療にハイドロキノンと併用されることが多いのがトレチノイン治療です。

トレチノインは、ビタミンA(レチノール)の誘導体。
働きとしては、強力な代謝作用(ターンオーバー)が特徴です!その効果はビタミンAの50~100倍といわれます。

トレチノイン自体には、美白作用がないのですが、強力なターンオーバー作用によって、表皮の深い層にあるメラニン色素を徐々に表面に押し出す働きを期待して、併用されています。

まとめ

ハイドロキノンの効果・副作用を知り、正しい使い方でシミやくすみを撃退!
ハイドロキノンをうまく使えば、透明感あるモテ肌に、ぐんぐん近づきます!!

市販のクリームは、ハイドロキノンの美白効果を相乗させる成分や、肌を整える成分が合わせて配合されていたり、高い浸透性や安定性を研究開発されているので、とてもつかいやすくなっていると思います。

 

それでも、安全面が気になる場合は、皮膚科で処方してもらうのが良いと思います。
専門医のもとでお肌の状態、肌トラブルの状態を診察してもらい、自身に合った濃度で試せるのが、皮膚科に受診する強みです。

 

あなたにぴったりの美白化粧品を見つけて、かわいい透明感あるモテ肌に近づきますように!!