ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)の効果・副作用・おすすめ美白化粧品

美白における効果→酵素チロシナーゼの働きを抑制

ルシノールは、化粧品メーカー「ポーラ」が開発した独自の美白成分です。
ルシノールは、北欧のもみの木に含まれる成分をヒントに生成された成分で、シミや色素沈着の発生を防ぐ効果が期待できます。

1998年に厚生労働省によって「医薬部外品」として認可されたました。

代表的な美白有効成分「アルブチン」と比べると、ルシノールは数百倍もの美白効果があると言われています。

最近の研究では、ルシノールと一緒にビタミンC誘導体を併用することで、美白効果がアップするというデータも報告されています。