リノール酸S(リノール酸)の効果・副作用・おすすめ美白化粧品

美白に関しての効果→メラニン排出促進、酵素チロシナーゼを分解
他の美容効果→保湿、抗炎症作用、肌をなめらかにする作用

リノール酸は、主に食用油として利用される紅花油、グレープシードオイル、オリーブオイル、コーン油や綿実油、大豆油、そして味噌、酒かすなどの食品に含まれる成分。
体内で作ることができない必須脂肪酸

このようにオイルや味噌など食卓で身近な食品に含まれているので、リノール酸が不足する心配は現代の生活においてほとんどありません。

実は、リノール酸は「スーパー美白成分」とも呼ばれているのです!
それは、古い角質やメラニンの排出を促し、お肌をなめらかにする作用があり、透明感を取り戻すから!

またお肌表面の角質から水分が蒸発するのを防ぎ、お肌のバリア機能を高めます

しかしリノール酸は肌への浸透力がとてもよく、良過ぎるために、化粧品に配合しても角質層に留まらないため、シミやシワへの効果が得られにくい、というデメリットがあったんです。
そこで、改良開発されたのが「リノール酸S」です。
構造を変化させ、元々3つの脂肪酸であるリノール酸を、酵素処理によって遊離リノール酸という1つの脂肪酸へと変化させたました。
こうすることで、メラノサイトが存在する表皮への作用を可能にし、リノール酸の美白効果を活かすことにつながったのです。

その結果、2001年に有効美白成分として厚生労働省から認可されました!

※注意点
安全性に問題はありません。
しかし、油に対するアレルギーがあると、腫れや赤み、痒みが生じることがあります。

リノール酸配合の化粧品は、ビタミンC・Eが同時配合されているものを選ぶとさらに相乗効果を期待できます。