カメ吉の母乳育児 たっぷり解決策 ⑧しこり・乳腺炎のとき

Pocket

産後

カメ吉の母乳育児 たっぷり解決策 ⑧しこり・乳腺炎のとき

カメ吉、チビカメを出産しました。。

こんなに母乳で悩むなんて思っていなかった。。。

カメ吉の教わったこと、体験したことを、
悩んでいる方の少しでも役に立てたらと思って。。。

・はじめに
①母乳はだれでも出るもの
②毎回必ず両方飲ませよう
③授乳前後の搾乳が飲みやすくさせる
④リズムある授乳が大切
⑤おいしい?まずい??母乳の味
⑥体重の増加にはこだわりすぎない
⑦もっと母乳の出がよくするミルクの足し方
⑧しこり・乳腺炎のとき
⑨授乳中の薬
⑩授乳中の感染症

 

しこりができた時の注意

授乳間隔が空きすぎて乳房が張ってしまったり、
赤ちゃんの乳頭の含み具合が悪かったり、
また食べ物によっても乳腺が詰まって、
おっぱいにしこりができるときがある。

 

しこりができた時は、
まずその部分を軽く冷やして、
赤ちゃんにしっかり飲ませ、
早めに助産師のおっぱいケアを受けるように。。。

 

早めの適切な処置が大事。。。

 

素人療法で温めながらもんだり、
すぐに抗生物質を飲んで、
さらにしこりを固くしてしまうことがないように、、、

 

おっぱいケアを受けながら、
赤ちゃんにしっかり飲んでもらおう。。。

 

また、
その際の注意点は、、、
①赤ちゃんの抱き方をいろいろ変えて、
おっぱいを含ませる。

いつも同じ方向で、
飲ませた後につぶれた乳頭になっている場合、
うまく流れずにたまってしまっているおっぱいがあるから、
しこりになりやすい。

しこりがある部分に、
赤ちゃんの下あごがくるといい。

②授乳間隔は3時間以上空けないようにする

③食事は、油っぽいもの、甘いもの、刺激物などの食べ過ぎに気を付ける

④自己流で温めたり、
もんだりはおすすめできない

とのこと。

 

自分でできる手当

冷湿布の方法

①保冷剤は小さめのもの(ケーキを買った時などについてくるものなど)をつかい、
冷やしすぎに気を付ける。
ガーゼで巻くなどして、
おっぱいのしこりの部分に直接当たらないようにする。

 

②冷えピタなどを使う場合は、
温まる前に替えるようにする。

 

カメ吉の場合、
あんまりしこりができることはなかったの。。。

 

でも、
ときどーーき、
チビカメがたっぷり寝てくれて、
おっぱいがあげれなかったときに、
すごくパンパンに張ってしまったことが。。。。
ちょっと搾って、
チビカメに、
いっぱい飲んでもらって解消した。。。。
そのほかも参考に。。。
・はじめに
①母乳はだれでも出るもの
②毎回必ず両方飲ませよう
③授乳前後の搾乳が飲みやすくさせる
④リズムある授乳が大切
⑤おいしい?まずい??母乳の味
⑥体重の増加にはこだわりすぎない
⑦もっと母乳の出がよくするミルクの足し方
⑧しこり・乳腺炎のとき
⑨授乳中の薬
⑩授乳中の感染症

 


Warning: A non-numeric value encountered in /home/camekity/camekity.com/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_healthy_150222/single.php on line 51

Warning: A non-numeric value encountered in /home/camekity/camekity.com/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_healthy_150222/single.php on line 51

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ