カメ吉の母乳育児 たっぷり解決策 ⑥体重の増加にはこだわりすぎない


産後

カメ吉の母乳育児 たっぷり解決策 ⑥体重の増加にはこだわりすぎない

カメ吉、チビカメを出産しました。。

こんなに母乳で悩むなんて思っていなかった。。。

カメ吉の教わったこと、体験したことを、
悩んでいる方の少しでも役に立てたらと思って。。。

はじめに
①母乳はだれでも出るもの
②毎回必ず両方飲ませよう
③授乳前後の搾乳が飲みやすくさせる
④リズムある授乳が大切
⑤おいしい?まずい??母乳の味
⑥体重の増加にはこだわりすぎない
⑦もっと母乳の出がよくするミルクの足し方
⑧しこり・乳腺炎のとき
⑨授乳中の薬
⑩授乳中の感染症

 

赤ちゃんの体重や身長の増え方には個人差がある

生まれた時の体重にしても、
2500グラムの子もいれば、3500グラムの子もいる。。。

 

赤ちゃんの体重は、
生理的な現象で、
生後およそ5~7%減少する。
その後、生まれた時の体重に戻るのが、
1週間から10日程度かかる。

 

体重増加の基準は、
厚生労働省や小児学会など保健機構によって
幅がある。
母乳はどれだけ飲んでいるか目で見てわからないもの。

 

体重増加は、
わかりやすい指標で、ウソをつかない。。。

でも、この数値だけにこだわりすぎないで。。。

 

実は、
母乳だけで育った赤ちゃんは、
生後1か月だけ、ゆっくり成長することも。。。

 

決して、
自分で母乳不足だと判断せずに、
おっぱいの状態をみながら、
必要分のミルクの追加を相談していければいいよね。。。

 

100日まではペースづくり

最初のうちは、
赤ちゃんが上手に飲めなかったり、
ママも飲ませられなかったり、
泣くことが多いと
「母乳不足では」
と心配になる。。。

 

でも、
少しずつ赤ちゃんが慣れて、
上手に飲めるようになると、
自然と母乳の分泌量も増えてくる。。。

 

それに伴って、体重の増加も安定してくる。。。

そのペースができあがるまでは100日はかかると言われている。。。

 

小児科のドクターから、
ミルクを足すように注意されることもあるかもしれない、、、

ドクターから指摘されたら、
ママも不安になってミルクを足さなきゃと思うだろうけど、

ママが1人で考えていてもわからなくなるだけ。。。

 

おっぱいのプロの助産師にみてもらいながら、
必要分だけ、ミルクを足して、
どんどん母乳優位な割合に持っていけたらいいよね。。。

 

そんなすぐに授乳の確立は難しいもの、、、
100日って結構あるよ。。。

 

だから、
焦らず、赤ちゃんの発育を見守って、
気長にやっていこう。。。

 

 

カメ吉の場合は、
チビカメが2220gと小さく生まれたから、
本当に体重増加には神経質になってたな。。。

 

周りからも言われたりして、、、

最初はほとんどミルクで、、、

 

それから、
助産院に通いだして、
おっぱいの分泌を見てもらいながら、
徐々にミルクの量を減らしていったよ。。。

 

一度にミルクを0にするには、
心配だったから、
1週間ごとに徐々に、、、

 

2か月に入ったころに、
ようやく母乳のみになって、
でもやっぱり不安で、、、

 

そして、
3か月になったころに、
ようやく母乳だけで行けるかも、、、
て、ちょっと自信が出てきて、
思い切って、
残ってたミルクを友人に譲り、
哺乳瓶一式を片付けちゃった。。。

 

そのほかも参考に。。。
はじめに
①母乳はだれでも出るもの
②毎回必ず両方飲ませよう
③授乳前後の搾乳が飲みやすくさせる
④リズムある授乳が大切
⑤おいしい?まずい??母乳の味
⑥体重の増加にはこだわりすぎない
⑦もっと母乳の出がよくするミルクの足し方
⑧しこり・乳腺炎のとき
⑨授乳中の薬
⑩授乳中の感染症

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ