大島優子 にらみつける画像?! あの彼氏との情報!!


大島優子大島優子 にらみつける画像?! あの彼氏との情報!!

AKBを卒業して、女優としての活躍を期待する大島さん、、、
カメ吉的にチェックします。。。

プロフィール

生年月日 1988年10月17日(26歳)

出生地 栃木県下都賀郡壬生町

身長 152 cm

血液型 B型

1996年から、
お母さんの薦めでセントラル子供劇団に所属し、
子役として芸能活動を開始。

2006年、
「第二期AKB48追加メンバーオーディション」に合格。
AKB48劇場でのチームK初日公演において公演デビューを果たす。

2014年、
AKB48劇場で開催された「大島優子卒業公演」をもってAKB48を卒業。

にらみつける大島優子

笑顔が印象的な大島さん、、、
そんな大島さんが、テレビでにらみつけるとは。。。

 

それは、
2015年4月4日に放送された
「TBSテレビ60周年特別企画 オールスター大感謝祭‛15」
に出演したときの話、、、

新ドラマのチームの一員として出演。

そのときの大島さんの片目を隠した髪型や、
出演者をにらみつけるような表情が視聴者の間で話題になって、、、
大島優子にらみ

ネット上では、

「どうした?」
「怖い、、、、放送事故レベル」

「ぶさいく」
「女優気取り」
「態度がエラそう」

て、叩かれる大島さん。。。
大島さんは、きっとドラマの宣伝をかねて、
このような衣装や髪型、表情を作ったんだろうけど、、、

連ドラ初出演で、
このドラマに入り込んでいる大島さんの気合が入った姿。。。

 

ただカメ吉的にも、
バラエティ番組で、
あのキャラを出す必要があったのかというのは疑問。。。

でも、
ネット上で話題に上がれば、
視聴者にはインパクトが残ったってこと。。。

 

AKB時代の
キャッチフレーズは

「目で負かし、心で伝える、変幻自在のエンターテイナー、大島優子です」

まさに、目で。。。

あの彼氏との情報

大島さんのウワサの彼氏といえば、、、

ウエンツ瑛士さん。。。

二人の出会いは、
2010年のドラマ「エンゼルバンク〜転職代理人」
先に動いたのは、ウエンツさん、、、

ただ、
大島さんは警戒したのか、
最初の頃は食事の誘い何かも断っていたそう。。。

その後、
ウエンツさんの仲の良い芸人さんが間を取り持ってくれて、
なんとか二人で会う所までこぎつけたそう。。。

それから、かなり仲良くなった二人は、交際へと発展。。。
大島優子ウエンツ
大島さんがお忍びで、
ウエンツさんのマンションへ通っているところが何度も目撃。。。

 

その報道後、大島さんの熱狂的ファンは騒然、、、
熱愛相手のウエンツさんへの、
執拗な嫌がらせが横行したらしい。。。

また、
この熱愛報道でもう一つ注目を集めたのが、
大島さんの処遇を巡ってのAKB運営側の対応、、、

それまでは、
「熱愛発覚=クビか謹慎」
という厳しい対応をとっていたが、
大島さんが、神7とも言われる中心メンバーだった事から、
特におとがめなし、、、
というか熱愛報道自体がうやむやにもみ消される始末。。。

これに怒ったのが、
過去に熱愛を理由に首になったり、
謹慎を言い渡されたAKBメンバーのファン達、、、

「何で、人気メンバーだと処罰がないんだ!!」

と運営事務所には抗議の電話が鳴り止まなかったよう。。。

 

ウエンツさんとは、
現在は破局しちゃっているみたい。。。。

 

しかし、
調べていくと、、、

実は、
密かに交際は続いていた。。。

 

そんな中出てきた電撃結婚の報道。。。。

大島さんは、
あるバラエティ番組に出演した際に、
「27歳までには絶対に結婚する!!」
と宣言。。。
大島優子結婚

ウエンツさんに、結婚を迫っているとか。。。

さらには、
結婚しないなら別れる!
と、脅迫紛いな戦法も。。。

また、
大島さんが、
AKB48を電撃卒業したのには、
ウエンツさんが関わっているらしい、、、

AKB48に所属していると、
交際を継続することが難しい、
と卒業を促したそう。。。

ウエンツさんの意見を健気に聞いて、
人気絶頂のアイドルグループからの卒業を決断した大島さん。。。

そんな大島さんに対して、
責任を感じているというウエンツさんは、
結婚を決意したらしい。。。

 

 

大島優子さんの新ドラマ
ヤメゴク―ヤクザやめて頂きます―」
(ヤメゴク ヤクザやめていただきます)
TBS系、毎週木曜日21:00 – 21:54
2015年4月16日からスタート

日本の警察に現実に存在する、
組織犯罪対策部(マル暴)内の
「暴力団離脱者相談電話」(通称・足抜けコール)を題材とした、
バディものスタイルの刑事ドラマ。

櫻井武晴によるオリジナル脚本、
堤幸彦が演出を手掛ける警察ドラマ。

演出の堤さんは、
「ケイゾク」
「トリック」
「SPEC―警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿―」
など、
「名コンビ」と評される男女一対のバディによるテレビドラマを
過去にいくつも手掛けている。

 
楽しみですね。。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ