赤ちゃんの成長を祝う行事 お七夜、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生


赤ちゃん

赤ちゃんの成長を祝う行事 お七夜、お宮参り、お食い初め、初節句、初誕生

赤ちゃんが生まれたら、さっそくイベント続き、、、
どんなイベントがあるのかカメ吉的にチェックします。。。

お七夜

お七夜は、
生後7日目のお祝い。

昔は生後すぐの死亡率が高かったから、
1週間たてば一安心と、盛大にお祝いを行ったよう。

そこで、昔はこの日に命名式をしたそう。

祝い膳は、
赤飯と尾頭付きの魚、刺身など。

魚はおめでたい鯛が使われることが多いけど、
大きくなるにつれて名前が変わる、ブリやボラなどの「出世魚」も好んで用いられた。

現代では、母子の「退院祝い」として、
両家の両親を呼んで、または夫婦だけで祝うケースが多いよう。

命名書の書き方は、
奉書紙または半紙を横二つ折りにし、
さらに縦3等分で左右から折りたためるよう折り目をつけて開く。

三つ折した真ん中右側に小さく「父親の氏名・続き柄(長男など)」、
真ん中中央に「命名した名前」、
真ん中左側に小さく「生年月日」を、
左側の右側に「命名式の日付」と「親の名前」(名付け親がいる場合はその左側に「命名者 ○○○○」)、
右側に「命名」と記入し、神棚か仏壇に供える。

役所に出生届を出したら下げて、
奉書紙で包んだへその緒と一緒に箱に収め、
水引をかけて保存。

略式では、
市販の命名書や半紙を使用。
中央に「命名 ○○」と書き、
左側(命名書は右側もあり)に生年月日を記入。
神棚などがなければ鴨居や壁、ベビーベッドや赤ちゃんの枕もとの壁など、
目立つ場所に。
名前が決まったら、いよいよ社会への仲間入り!
すくすく育つ様子を見守ろう。

ちなみに、
出生届を出すのは、生後14日以内。。。

お宮参り

お宮参りは、
男の子は生まれて30日目に、
女の子は生まれて31日目に、神社へお参りする習わし。

昔は住んでいる土地の氏神様にお参りし、氏子の一員として認めてもらう、という意味があったそう。

最近は、日にちにこだわらず、
1か月健診後の陽気のよい日にでかける場合が多いよう。

意味合いも、わが子の無事を感謝して幸せを祈願するという内容に変わってきている。

服装は、
本格的なのは、
男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目模様」。
女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着。

祝い着は赤ちゃんを抱いているひとの後ろで結び、
その紐にお守りをぶらさげる地域もあるよう。

赤ちゃんに祝い着を着せた場合は、
祖母や母親は紋付の礼装で付き添うほうベター。
最近では、
レンタル衣装を利用したり、
ベビードレスにケープをかけるのが人気。
付き添いはスーツやワンピースなどや無地一つ紋や小紋、訪問着が多いみたい。

まぁ、
バランスがとれていれば問題なし。

赤ちゃんやママの体調がいいときに出かけることを優先して、
無事や健康を祈ろう。。。

お食い初め

お食い初めは、
母乳やミルク以外の食べ物を初めて口にする儀式。

「一生食べるものに不自由しないように」との願いを込めて、
生後100日目か120日目に行う。

箸ぞろえ、箸初め、食い初めともいわれる。

この機会に離乳食用に食器をそろえることも。。。

正式なお食い初めは、
「一汁三菜(お赤飯、お吸い物、尾頭付きの鯛や鯉、煮物、香の物)」、
「歯がための勝栗や小石」
などを添える。

お膳のものを少しずつ赤ちゃんの口へ運び、食事のまねごとをする。
最後に、歯がための小石にさわった箸を歯茎にあてる。

初節句

初節句は、
赤ちゃんが初めて迎えるお節句。

男の子は5月5日、女の子は3月3日に、
これからの成長を祈るもの。

生まれてきた時期で月齢の差が出る。
例えば12月に生まれた女の子は3ヵ月前後で初節句を迎え、
4月に生まれた場合は1年先になるわけ。

ただし、
生まれてすぐなどの場合(生後1ヶ月以内)は翌年でもかまわない。
また、各ご家庭での判断で、
生まれて数ヶ月の場合は、翌年にされる場合も多いよう。

そして、
初節句での雛人形や武者人形などの飾りは、
以前は母方の実家から贈るというならわしがあったよう。

現代では飾り物も高価になったのもあり、
両家が話し合って
それぞれ分担する場合が多くなっているみたい。。。

初誕生

1歳のお誕生日お祝い。

祝い方は、地域によってさまざま。

健康で力持ちの子供に育ってほしいという願いから
「立ち餅」「力餅」などといわれる餅をついて、
背負わす、踏ますというのが全国的に多く行なわれているよう。

この赤ちゃんの健やかな成長を願うこのような風習は、
全国各地で今でも行なわれているよう。。。

自分の地域にはどんな風習があるのか調べてみても。。。

最近では、
祝い膳も洋風になり、ろうそくを一本たてたバースディケーキで祝う事が一般的みたい。。。

 

 

お祝いの意味合いも考慮しながら、
家族や自分たちのスタイルに合わせて、
心から、赤ちゃんの成長を祝ってあげるのが一番ね。。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ