妊娠後期② 妊娠線ができた、尿もれ、静脈瘤、抜け毛、むくみ、頭痛と肩こり


妊娠後期

妊娠後期② 妊娠線ができた、尿もれ、静脈瘤、抜け毛、むくみ、頭痛と肩こり

妊娠後期の心配事を
保健師カメ吉がまとめてみました。。。。
(参考 はじめて出会う育児の百科 0~6歳)

妊娠線ができた

おなかや太ももにみみずばれのような線がいくつも、、、

急激におなかが大きくなったり太ったりすると皮膚も急激に伸ばされ、
皮下の組織が断裂して、
そこが赤紫色になり妊娠線となって出るようになる。

一般的に皮膚が厚くて弾力性がない肌質の人は妊娠線ができやすいよう。
なので、クリームや乳液で保湿を心がけよう。

一度できてしまった妊娠線は消えないが、
産後2か月ぐらいで赤みが無くなり、
半年もすれば白っぽくなって目立たなくなる。

カメ吉も全力でクリーム塗り塗りしてます。。。
妊娠線用のクリームもあるけど、
普通のボディクリームを使ってるよ。。。

尿もれ

くしゃみをすると尿がもれる。。。

恥ずかしいことじゃなく、
妊娠後期になるとよくあること。
くしゃみだけではなく、笑った時や咳をした時も起こる。

おなかの重みのために尿道や肛門の筋肉が弱ってきているうえに、
大きくなった子宮による腹圧が膀胱にかかり、尿がもれてしまう。

トイレは我慢せずにまめに行くようにすること。
生理用のナプキンを使うのも。

静脈瘤

ひざの裏やふくらはぎの血管が青く浮き出してきた。
ところどころこぶのようにふくらんでいる。

妊娠で大きくなった子宮に腹部の大静脈が圧迫されると、
下半身の血液は大静脈に戻りにくくなる。

そのうえ、ホルモンの影響で血管壁が緩み、
足の静脈内に血液がたまり、こぶのようにふくらむ。

下半身に血液がたまらないように、
長時間立っているのを避けたり、
寝る時や椅子に座っている時は、なるべく足を高くする、
冷やさないようにすること。

市販の足にかかる圧力が調整してあるストッキングの使用もおすすめ。

ふくらんだところを強くこすることはやめておこう。

抜け毛

妊娠中や産後に髪が抜けたり、眉毛がうすくなったりはよくあること。
反対に手足の毛が濃くなるという人もいる。

赤ちゃんが生まれて、授乳が終わるころにはまた元通りになるので、
あまり心配しないように。。。

むくみ

足がパンパン。朝起きた時も手が腫れぼったい。

妊娠後期になってくると、
赤ちゃんにたくさんの血液を運ぶ目的のため、
血管を通りやすくなるよう、血液中の水分が多くなる。

むくみが出るのは、そんな体の変化や大きくなった子宮の圧迫によるもの。

尿たんぱくが多く出たり、血圧が高くなるといったことがなければ、心配なし。

寝るときに、足を高くして寝るといい。

頭痛と肩こり

頭痛は、おそらく、緊張性の頭痛かも。
心配なことや不安なことはない?
まわりの人に話すだけで、気持ちも楽に。

肩こりは、大きくなったおっぱいを支えているからかも。

肩を上げたり下げたり回したりしてストレッチをしよう。

 

いよいよ妊娠後期!
あともう少しで赤ちゃんに会えるけど、
その準備分として、ママへの負担も大きくなるね。。。

わからないことがあったら、
病院で先生や助産師さんに、また保健師は市区町役所にいるので、
ぜひ相談してください!

妊娠初期① 初診はいつ?何するの?少量の出血、気分沈む、疲れやすい、眠い、むかむか、市販薬、たばこやお酒
妊娠初期② レントゲン、風疹、虫歯の治療、ペット、パーマやヘアカラー、自転車やバイクはいつまで

妊娠中期① 胎動を感じない、食欲を抑えられない、便秘、旅行、おなかがかゆい、運動
妊娠中期② 足がつる、動機や息切れ、立ちくらみ、腰痛、おりものが増えた、おなか小さい、しみやそばかす

妊娠後期① 汗をかく、吹き出物、眠れない、おなかが張る、逆子

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ