鈴木亮平の結婚そして生まれた子供…幼稚園は立教?英語流暢なインテリパパの子育て!!
カメ吉的にチェックします。。。

1.プロフィール

別名義 友近亮平 (モデル時代)
生年月日 1983年3月29日(34歳)
出生地 兵庫県西宮市
身長 186 cm
血液型 A型
活動期間 2006年 –
事務所 ホリプロ

・西宮市立津門小学校5年生か6年生の頃、アニメを観て声優に憧れる。
・西宮市立今津中学校時代、映画を好きになり、俳優を志望。
・大学在学時、演劇サークルに所属。

 

2.鈴木亮平の結婚そして生まれた子供…幼稚園は立教?英語流暢なインテリパパの子育て!!

人気俳優、鈴木亮平さんは、実は、結婚していました。。。

カメ吉のように、花子とアンで、鈴木亮平さんを知った方は、その時すでに遅し、、、、
(いや、早く知っていたからといって、結婚できるわけではないのだけれど、、、笑)

 

鈴木亮平さんは、2011年に結婚を発表しています。。。
鈴木亮平さんが28歳の頃。

お嫁さんになるお相手は、8年間交際した、9歳年上の一般の女性だそう。。。

 

カメ吉的にチェックしてみると、、、
・WEB関連の会社に勤務していた
・マイペースで自分にないものをもっている
・互いに尊重し合える
・女優の桜井幸子さんに似ている
・出会いは、2003年ごろ。鈴木亮平が学生の頃に、モデルとして活動していた頃の知人の紹介

 

2003年といったら、まだ鈴木亮平さん20歳。
そして、8歳年上となると、未来の妻は28歳!

男性は年上に惹かれる時があるというけれど、、、

いやいや、お嫁さんもすごいよね!
女性としては、自分も、世間的にも、結婚に焦りだす28歳のときに、まだ学生の、20歳の彼と付き合うのは、勇気いるわ~~

 

男運も強いし、将来性を見極める力もすごくある人なんだろうな。。。。

 

さらに鈴木亮平さんは、結婚の報告と同時に、2011年の12月に子供も誕生することを報告。。。。

そして、予定より少し早い、2011年11月17日に女の子が誕生。。。
泣き声が大きくて元気いっぱいだったそう。。。。

2018年1月では、6歳
今年、7歳になるから、春から小学生?!

 

芸能人の幼稚園や小学校といったら、お受験!が気になります。

芸能人の子供が通う学校の御三家といったら、青山学院、成城学園、和光学園が最近のようす。。。
たくさんの有名人や、有名人の子供たちが通っているみたい。。。

 

そして、鈴木亮平さんの子供さんについてもカメ吉的にチェックしてみると、、、
幼稚園に関しての情報が!

それは、立教女子学院という女子短大附属幼稚園『天使園』
場所は東京都杉並区久我山にあるキリスト教系の私立女子校。。。

有名私立大学に、立教大学がありますが、立教女学院は、創立者を同じくする姉妹校になるんだそう。。。
幼稚園から、小学校、中学校、高校と進学し、一定の要件を満たす者は、立教大学に推薦入学することができるんだそう。。。

 

立教女子学院中学校・高校卒業の有名人も数多く、
例えば、、、、
野際陽子さん(女優、元NHKアナウンサー)
市毛良枝さん(女優)
松任谷由実さん(ミュージシャン)
中村江里子さん(元アナウンサー)
などなど。。。。

立教大学まで、エスカレーター式に進学できるとなれば、早いうちから、良い環境に入れておきたい!
本人も苦労や負担が一番少ないときに、、、、

と、どんどんと都会のお受験戦争は、低年齢化、激戦していきますね。。。。

 

しかし、立教女子学院短大附属の幼稚園、天使園は、2017年を最後に2018年から募集を停止して、閉園になるのだそう。。。
幼稚園の運営にかかわる短大自体、需要が減っているようで、その影響があるのだとか。。。

 

なんでも鈴木亮平さんは、立教女子学院短大附属の幼稚園、天使園のあたりで目撃情報が多数あるのだとか、、、

もし、立教女子学院短大附属の幼稚園、天使園に在籍し、卒業するのであれば、そのまま立教女子学院小学校に進学ですね!!

タレントの渡辺満里奈さんの長女さんも通っているようですよ。。。

 

芸能人はやっぱり、子供を有名私立にいれるのか、、、

まぁ。一番は、子供の安全や、学習できる環境ですよね。
公立だと、やはり、そこら辺の配慮は難しいかな。。。。

 

 

3.鈴木亮平の英語の発音がキレイすぎる!!

平成30年スタートのNHK大河ドラマ『西郷どん』の主演を務める鈴木亮平さん。

同じく、NHKの連続テレビ小説『花子とアン』への出演から、よくよく知るようになった方も多いのでは・・・?
カメ吉がそうなんですよ。。。

あれ?だれだれ?
と、とってもガタイのいい鈴木亮平さんに、くぎ付けになっておりました!!

 

でも、俳優としてテレビに出始めたのは、もっと前から。。。
下積みと言っていいのか、大役に当たるまでに10年近くかかっている方みたい。。。

でも、そうそう、
その国民的ドラマである連続テレビ小説に出る前に、主演していたのが、『HK』!!

 

知ってますよね??

『変態仮面』!!

 

花子とアンで、キュンキュンしていた人、毎日楽しみにしていた人が、
HKを見たら、どういうのかな、、、

全力でやっている姿を見ると、なんか、もう笑えますよね。。。

 

多彩な役柄をしっかり演じ切る鈴木亮平さん。
そんな鈴木亮平さんに、イケメン過ぎる特技があるのです!!

それは、『英語』!

英語がとても流暢で、発音もめちゃめちゃキレイ。。。

鈴木亮平&YOUNG DAIS 映画『TOKYO TRIBE』 日本外国特派員協会会見

鈴木亮平、日本初上陸バーガーを試食!感想は英語で シェフに質問も 「ROPPONGI GREEN OASIS」オープニングセレモニー3

鈴木亮平は英語ペラペラ?!英語で話している姿がカッコいい!

 

鈴木亮平さんの英語が流暢で、発音も奇麗なわけは、2つのポイントがあるよう。。。

ひとつめは、負けず嫌い!
鈴木亮平さんが英語を覚えようと思ったのは小学2年生の頃。

鈴木亮平さんは、カメ吉と同じ、30代。
今でこそ、英語は、小さい頃から学習するのが当たりまえのようになっているけれど、30代の皆さんが小さい頃はそこまで、じゃなかったはず。

 

きっかけは、小学2年生の時に、初めてアメリカ・ロサンゼルスに行き、相手とうまくコミュニケーションがとれずに悔しい思いをしたこと、だそう。。。

カメ吉であれば、「まだ学校でならってないし、喋れなくて当たり前だし~~」ぐらいで終わっちゃいそうだけど、
鈴木亮平さんの場合は、そこから英語熱が!!

 

鈴木亮平さんは、兵庫県の関西出身。
お喋りも上手な地域柄だから、コミュニケーションがとれないことに、ものすごく違和感を感じたのかもしれません。
そして、負けず嫌い、の根性がなければ、その悔しい思いも糧にできなかったはず。。。

 

英語熱に火が付いた鈴木亮平さんは、それから英語の勉強のため海外へ何回も留学したんだそう。
中学2年、オーストラリア
中学3年、アメリカ・スポケーン
高校1年、1年間の交換留学生としてアメリカ・オクラホマ州

そして、大学も、英語の習得へ!!
東京外国語大学の言語文化学部英語専攻だったそう。

ネイティブでも落ちるという英検1級を取得している英語力!!

そして、さらには、高校生の時に、ドイツ語のスピーチコンテストで優勝の経験もあるというらしいから、言語力は非常に高い人なんだね。。。

 

カメ吉なんて、いくら英語に費やしたか、、、

 

そして、鈴木亮平さんの英語が流暢で、発音も奇麗なわけは、2つめのポイントは、、、
海外でも通用する役者になるため!!

中学時代に、俳優に憧れた鈴木亮平さん。
しかし、夢を語った同級生たちには、馬鹿にされ、、、、
ここで、鈴木亮平さんのポイント1つめの、負けず嫌いが発揮され、絶対に俳優になろうと決意!!

グローバルに活躍できる俳優を目指していくわけです。。。。

 

 

 

鈴木亮平さん自身は、英語の堪能エピソードもありますが、かなりの秀才!

兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)は、偏差値59に進学、、、
大学は東京外国語大学、偏差値 68に進学、卒業。。。

 

両親からは「勉強しろ」と言われたことは無く、ただ、「好きなことを自分の責任でやれ」と、言われて育ったという鈴木亮平さん。。。。
そして、留学を何度もさせてもらい、学ぶ環境の大切さをよく知っている方だと思います。。。

 

子供さんのことを、たっくさん考えていることでしょうね。。。

 

鈴木亮平さん、NHK大河ドラマ『西郷どん』では、どんな顔を見せてくれるのでしょうか!!
語学に長けた、鈴木亮平さん、セリフの言い回しにも注目かもしれません。。。

カメ吉、大河ドラマは、長い間見ていないのですが、見たいと思います!!