市川海老蔵が今も会っている隠し子(かくしご)、、、相手(母親)が知りたい、、、


市川海老蔵

市川海老蔵が今も会っている隠し子(かくしご)、、、相手(母親)が知りたい、、、

歌舞伎役者の市川海老蔵さん、、、ブログをのぞいてみると、子供さんたちをとてもかわいがり、子煩悩ぶりがうかがえる、、、
でも、実はその裏で隠し子と報道された子供さんとも会っているよう、、、
その母親である相手がとっても気になるので、カメ吉的にチェックします。。。

プロフィール

生年月日 1977年12月6日

本名 堀越寶世(宝世)(たかとし)

出身地 東京都

血液型 AB型

襲名歴  七代目市川新之助
十一代目市川海老蔵

 

市川海老蔵が今も会っている隠し子(かくしご)、、、相手(母親)が知りたい、、、

市川海老蔵さんといえば、2010年にフリーニュースキャスターの小林麻央さんと結婚し、女の子と男の子2人のお子さんをお持ち、、、

息子さんも、歌舞伎の舞台に上がるなど、順風満帆な日々を過ごしているよう、、、

 

しかし、それなのに、、、

実は、もう一つ家庭を養っているなんて、、、

歌舞伎界では普通のこと、、、?

現在の妻の麻央さんの心中はどうなんだろ、、、

カメ吉が心配したところで、何にもならないことはわかりきっているのだけど、
ちょっと、調べてみると、、、

 

市川海老蔵さん、それはそれはプレイボーイで有名で、結婚までに何人もの女性と報道されたか、、、

本人も「数えきれない」と豪語するほど。。。

 

その中で、市川海老蔵さんが24歳の時に、 当時付き合っていた彼女との間に女の子が誕生しているみたい、、、

その交際相手とは、、、

歌手で、
日置明子(ひおきあきこ)さんという方、、、

カメ吉は知らない人だったんだけど、、、

プロフィール

生年月日 1974年2月5日

出身地 鳥取県八頭郡智頭町

学歴 鳥取県立鳥取西高等学校

1995年、TM NETWORK木根尚登のプロデュースにより、歌手デビュー。
1999年、sonoと改名。

サクラサク sono(日置明子)

 

その当時は真剣交際をしていたようで、長い交際期間だったよう。。。

そして、2001年に妊娠が発覚、、、

もちろん「産みたい」という日置明子さんに対し、
市川海老蔵さんは、、、

「産んでもかまいませんよ、、ですが僕はまだ結婚は考えられませんがそれでもいいですか?」
「僕が全て責任を負います」

と対応、、、

 

そして、2002年1月に出産している、、、

 

このやり取りを含め、隠し子についてわかったのは、2003年に「海老蔵に隠し子が、、、」と報道があり、それを受けて、なんと市川海老蔵さんは堂々と記者会見を開き、淡々と報道について認めたから、、、

さらには、「歌舞伎界以外のことはわからないけど、自分にとっては普通のこと」なんて言ったりもしたみたい。。。

 

普通のことって、、、

 

市川海老蔵さんは、その子を「自分の子」として認知し、その子が大人になるまで月100万の養育費を払っているよう。。。

 

月100万て、いったいどんな生活をしているのか、、、
都内に母子で住んでいるらしいけど、、、

 

そして、年に数回は会っており、日置明子さんは自分の子供に、市川海老蔵さんと本妻の麻央さんとの子供たちのことを、妹弟として話しているよう。。。

 

カメ吉的に、その妹弟として話しているっていうのが一番なんか嫌だ、、、

 

歌舞伎の世界のことはわからないし、
結婚する時には、その事実はもう既にあって、受け止めての結婚だと思うけど、、、

養育費は理解しようと思うけど、もう一切、うちの家庭と接点を持たないで、、、と強く思っちゃうんだけど。。。

 

また、きっと、この隠し子ちゃんが、女の子だったから、よかったのかもね、、、
男の子だったら、跡取り問題が勃発し、ドロドロした展開にもなってたかも、、、

 

一番大切なのは、両方の子供たち、、、、
子供らには全く責任が無いからね、、、

 

カメ吉的には、なんだか煮え切らない複雑な思いのままですが、、、
両方の子供たちが幸せに成長することは祈りたいと思います。。。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ