キヌアとは?NASAも注目??効能、食べ方やレシピも 


キヌア2

キヌアとは?NASAも注目??効能、食べ方やレシピも

キヌアって知っています?
NASAも注目するスーパーフード、ミラクルフードらしいです。
効能、食べ方やレシピも気になるところ。
食べること大好きなカメ吉です。ちょっと調べてみました。

キヌアとは

キヌアとは、南米産の食材で、
健康的な体調管理に適する、栄養バランスに優れた食材です。
必須アミノ酸をすべて含み、また各種機能性も豊富で完全食品とも称されるよう。
穀物ではないみたいです。

効能は

キヌアの特徴としては、
その栄養価の高さです。
キヌアは通常の精白米と比べ、少ない炭水化物(糖質)で、
同等のエネルギーに対して、
2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、
8倍の食物繊維、6倍のカリウム、
10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、
7倍のリン、8倍の鉄、を含みます。

キヌアはまた、
体内で合成できず栄養分として摂取しなければならない
必須アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア85)も牛乳に匹敵するほど良質です。

なので、血液や筋肉などの体をつくる、脳の機能を正常に保つ、
腸内環境を調えて便秘を予防改善する、肌をキレイに保つ、
食事の満腹感を感じやすくさせて食べ過ぎを防ぐ、身体に脂肪がつきにくくする、
細胞のダメージを防いで若々しい肌を保つ、
貧血予防、疲労の改善、、、、など
多くの効能が期待できます。

1993年のNASAの専門誌は
「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、
キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」
と述べています。

キヌアの基本的な食べ方

①キヌアを量る
キヌア1カップに対し水2カップを準備。
水は代わりにスープストックなどを使用しても良い。

②キヌアを洗う
キヌアを水でよく洗い、水を切っておく。

③軽く炒める
オリーブオイルを少量入れ、キヌアを1分炒める。

④茹でる
炒めた鍋に水(もしくはスープストック)を入れ、沸騰させる。
沸騰したら火を弱め、15分間蓋をして茹でる。
15分立ったら火を止め、蓋をしたままさらに5分置く。
⑤混ぜて、完成
蓋を取り、フォークなどでふわっとなるように混ぜる。
※そこから、アレンジ
サラダに・・・ドレッシングであえて、軽く塩で揉んだキュウリと、刻んだトマト、グリーンオニオンを入れて混ぜる

ピラフに・・・オリーブ油で、玉ねぎとにんにく、マッシュルームを炒め、最後にほうれん草を加えて炒める
塩、こしょうで味を調える
茹でたキヌアと炒めた野菜を混ぜる。塩とこしょうで味を調える。
キヌア

こうみると、キヌア自体には癖のある味はないのかな。
基本的に茹でてしまったら、いろんな食材に混ぜて使えるみたいで
ちょっと気軽にできそうですね。

購入は、通販や、
成城石井、KALDIなどのスーパーでも可能みたい。
一時は購入制限もあったみたいだけど、、、、
レシピもたっくさん!幅広く使える食材みたい。

 

カメ吉も、挑戦してみよー

参考:キヌアまとめ、www.thekitchn.com

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ